岩堀研究室 | Computer Vision Laboratory

[English][Japanese]

岩堀 祐之 (Yuji Iwahori) [About Me]
中部大学 工学部 情報工学科 教授
同大学院 工学研究科 情報工学専攻
UBC Computer Science ブリティッシュコロンビア大学 (Vancouver, Canada) 客員研究員
Joint Research Collaborator with IIT Guwahati インド工科大学グワハティ校 (India)
Joint Research Collaborator with Chulalongkorn University チュラロンコン大学 (Thailand)

研究分野: コンピュータビジョン 人工知能・機械学習 ディープラーニング・ニューラルネットワーク パターン認識・パターン分類 複合現実感 情報教育
DBLP (computer science bibliography)
Google Scholar Citations
Yuji Iwahori on ResearchGate
AMiner
大学院情報工学専攻 画像認識 研究指導担当 (文部科学省設置審査○合教授)

担当授業:コンピュータビジョン特論A(大学院)・コンピュータグラフィックス (3年) ・ゼミナール (3年)・C言語応用 (2年)・情報スキル入門 (1年)・情報工学実験II (CG;3年)
コンピュータシステム原理教育シミュレータ (メール, Web, 画像処理) 利用ガイド


What's New
2019/03/21 2019年電子情報通信学会総合大会 (早稲田大学西早稲田キャンパス) で以下を発表しました. 2019/02/22 BIOIMAGING 2019 (Prague, Czech Republic)で以下の論文を発表しました.岩堀はBIOIMAGING 2019のセッションチェアを務めた.
2019/02/21 ICPRAM 2019 (Prague, Czech Republic)で以下の論文を発表しました.岩堀はICPRAM 2019のプログラム委員を務めた.
2019/02/17-18 知能情報ファジィ学会東海支部 第44回東海ファジィ研究会 (ヒマ研2018) で発表しました. 2019/01/31 The Open Bioinformatics Journal, Benthamopenに以下の論文を発表しました. 2019/01/25 宇佐美裕康D3と中尾亮介B4が2018年度学長表彰を受賞しました.
2019/01/21 宇佐美裕康D3と中尾亮介B4が2018年度電気・電子・情報関係学会で電気学会B賞を受賞しました.
  • 宇佐美裕康,戸田響生,岩堀祐之,春日井邦夫,"U-Net による内視鏡 NBI からの血管検出手法", I1-4, 信号処理・医用画像,平成30年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2018.
  • 中尾亮介,岩堀祐之,"画像の線形化を用いた鏡面反射除去手法", I2-8, コンピュータビジョン,平成30年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2018.
    President_Award_2019
2018/12/20-24 岩堀はJST/JICAのSATREPSプロジェクトバンコクミーティングに参加しグループ3の発表をしました.
    20181221_SATREPS_001.jpg 20181221_SATREPS_002.jpg
2018/12/07-09 Two papers were presented at IEEE ASPCON 2018.
  • Barmajit Ghosh, M. K. Bhuyan, Pradipta Sasmal, Yuji Iwahori, Prathik Gadde, "Defect Classification of Printed Circuit Boards based n Transfer Learning", IEEE ASPCON 2018, 4 Pages, 2018.
  • Pradipta Sasmal, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Kunio Kasugai, "Classification of Polyps in Capsule Endoscopic Images using CNN", IEEE ASPCON 2018, 4 Pages, 2018.
2018/12/05-08 SCIS&ISIS 2018で以下の論文を発表しました.古田M2 (名工大)がIEEE CIS Japan Chapter Young Researcher Awardを受賞しました。
  • Shotaro Furuta, Tsuyoshi Nakamura, Yuji Iwahori, Shinji Fukui, Masayoshi Kanoh, Koji Yamada, "Efficient User-Searching of A HearingDog Robot in consideration of user's Life Rhythm", SCIS&ISIS 2018, 6 Pages, 2018.
2018/12/03-04 第4回 国際産官学連携ワークショップ ~AIと環境・産業技術の未来~でブンサーム教授と岩堀がそれぞれ以下の発表を行いました.
  • キッスィリクン ブンサーム(チュラロンコン大学), "人工知能~過去から現在そして未来へ~", 第4回 国際産官学連携ワークショップ ~AIと環境・産業技術の未来~, 2018.
  • 岩堀祐之(中部大学), "コンピュータビジョンと人工知能の医用画像診断支援への応用", 第4回 国際産官学連携ワークショップ ~AIと環境・産業技術の未来~, 2018.
2018/11/30-12/02 TAAI 2018で以下の論文を発表しました.
  • Shotaro Furuta, Tsuyoshi Nakamura, Yuji Iwahori, Shinji Fukui, Masayoshi Kanoh, Koji Yamada, "Consideration of Life Rhythm for Hearing-Dog Robots Searching for User", TAAI 2018 (The 2018 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence), 6 Pages, 2018.
2018/11/10 第16回情報学ワークショップ(WiNF 2018 於名古屋大学)で以下を発表しました.岩堀は実行委員を務めた.
  • 宇佐美裕康(中部大学), 岩堀祐之(中部大学), 井上智司(愛知医科大学), 小笠原尚高(愛知医科大学), 春日井邦夫(愛知医科大学),"血管と腸内壁の境界面を利用した単一内視鏡画像からのポリープの大きさと形状復元", C5, 知的画像処理, 第16回情報学ワークショップ(WiNF 2018), pp.1-4, 2018.
  • 土屋陽輝(中部大学), 福井真二(愛知教育大学), 岩堀祐之(中部大学), 中村剛士(名古屋工業大学),"聴導犬ロボットの実現のための人物の検出・追跡", P113, 知的画像処理, 第16回情報学ワークショップ(WiNF 2018), 2018.
  • 竹林あやか(中部大学), 岩堀祐之(中部大学), 福井真二(愛知教育大学),"状態遷移図を用いた行動認識による転倒検知", P117, 知的画像処理, 第16回情報学ワークショップ(WiNF 2018), 2018.
  • 吉村貴普(中部大学), 岩堀祐之(中部大学), Boonserm Kijsirikul(チュラロンコン大学),"オントロジーと画像間の類似度を用いたWebからのデータセット自動構築", P133, 知的画像処理, 第16回情報学ワークショップ(WiNF 2018), 2018.
  • 宮﨑將太(中部大学), 大音翼(中部大学), 宇佐美裕康(中部大学), 岩堀祐之(中部大学), BoonsermKijsirikul(チュラロンコン大学), 春日井邦夫(愛知医科大学),"U-Netを用いた LST 型ポリープの自動検出", P134, 知的画像処理, 第16回情報学ワークショップ(WiNF 2018), 2018.
  • 大音翼(中部大学), 宇佐美裕康(中部大学), 岩堀祐之(中部大学), 小笠原尚孝(愛知医科大学), 春日井邦夫(愛知医科大学),"物体検出手法と画像変換を用いた大腸内視鏡診断支援システムの検討", P135, 知的画像処理, 第16回情報学ワークショップ(WiNF 2018), 2018.
  • 中尾亮介(中部大学), 岩堀祐之(中部大学),"画像の線形化を用いた鏡面反射の検出と除去", P136, 知的画像処理, 第16回情報学ワークショップ(WiNF 2018), 2018.
  • 溝口友喜(中部大学), 山西良典(立命館大学), 岩堀祐之(中部大学),"Attribute を用いた一般物体認識のためのデータセット自動構築", P137, 知的画像処理, 第16回情報学ワークショップ(WiNF 2018), 2018.
    winf_2018_07.jpg winf_2018_01.jpg winf_2018_02.jpg winf_2018_03.jpg
    winf_2018_04.jpg winf_2018_05.jpg winf_2018_06.jpg winf_2018_08.jpg
2018/10/19-21 IIKI 2018 (International Conference on Identification, Informaion and Knowledge in the Internet of Things)で以下の論文を発表しました.
  • Xiangbo Kong, Zelin Meng, Naoto Nojiri, Yuji Iwahori, Lin Meng and Hiroyuki Tomiyama, "A HOG-SVM Based Fall Detection IoT System for Elderly Persons Using Deep Sensor", FOG Computing, IIKI 2018, 5 pages, 2018.
2018/10/07 Journal of Visual Communication and Image Representation (JVCI), Elsevierに以下の論文を発表しました.
  • M. K. Bhuyan, Amit Vishwakarma, Yuji Iwahori, "An Optimized Non-subsampled Shearlet Transform-based Image Fusion using Hessian Features and Unsharp Masking", Journal of Visual Communication and Image Representation (JVCI), Elsevier, 2018.
2018/09/21-23 ICPCSEE 2018で以下の論文を発表しました.
  • Aili Wang, Haiyang Liu, Yushi Chen, Yuji Iwahori, "Object Tracking Based on Hierarchical Convolutional Features", Data Science pp.729-737, Springer, 2018.
2018/09/19 International Journal of Computer & Software Engineering (IJCSE)に以下の論文を発表しました.
  • Tokiko Shiina, Yuji Iwahori, Boonserm Kijsirikul, "Defect Classification of Electronic Circuit Board Using Multi-Input Convolutional Neural Network", International Journal of Computer & Software Engineering, Vol.3, 137, 7 pages, doi: https://doi.org/10.15344/2456-4451/2018/137, 2018.
2018/09/16-17 中部大学新穂高山荘に行ってきました.
    2018 Lab Travel.jpg
2018/09/10-11 岩堀はSmart Robotics Congress 2018 (Singapore) で基調講演を務めた.
    Smart Robotics Congress 2018.jpg
2018/09/05 ファジィシステムシンポジウム (FSS 2018, 名古屋大学)で以下の論文を発表しました. 2018/09/03-05 KES 2018 (知識ベース知能情報工学システム国際会議, Belgrade, Serbia)で以下を発表しました. 岩堀はセッションチェア,プログラム委員を務めた.
  • Yuji Iwahori, Yohei Takada, Tokiko Shiina, Yoshinori Adachi, M. K. Bhuyan, Boonserm Kijsirikul, "Defect Classification of Electronic Board Using Dense SIFT and CNN", Procedia Computer Science, Elsevier, DOI: DOI information: 10.1016/j.procs.2018.08.110, Vol.126, Pages 1673-1682, 2018.
2018/09/03-04 平成30年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会 (名城大学) で以下を発表しました.
  • 土屋陽輝,大岩大夢,岩堀祐之,福井真二,中村剛士,"聴導犬ロボットのための人物の検出と追跡", I2-6, コンピュータビジョン, 平成30年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2018.
  • 中尾亮介,岩堀祐之,"画像の線形化を用いた鏡面反射除去手法", I2-8, コンピュータビジョン,平成30年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2018.
  • 竹林あやか,岩田英和,岩堀祐之,福井真二,"行動認識による転倒シーンの自動検知", J4-1, パターン認識(1),平成30年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2018.
  • 宇佐美裕康,戸田響生,岩堀祐之,春日井邦夫,"U-Net による内視鏡 NBI からの血管検出手法", I1-4, 信号処理・医用画像,平成30年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2018.
2018/08/08-17    岩堀が研究打ち合わせのため チュラロンコン大学 計算機工学科 (バンコク)を訪問しました. 吉村M2と宮崎M1を1か月研究インターンシップでチュラロンコン大学(MIND Lab.)に送り出しました.
  • 左は計算機工学科のProf. Boonserm Kijsirikulらと.
    chula_iwahori_2018_01.jpg chula_iwahori_2018_02.jpg chula_iwahori_2018_03.jpg
2018/08/06-07 知能情報ファジィ学会東海支部 第45回東海ファジィ研究会 (ガマ研2018) で発表しました.
  • 古田翔太郎,中村剛士,岩堀祐之,福井真二,加納政芳,山田晃嗣,"聴導犬ロボットにおける人の生活リズムを考慮したユーザの探索-実機実験結果報告-", 知能情報ファジィ学会東海支部(第45回東海ファジィ研究会), 4 Pages, 2018.
2018/08/06-07 画像の認識・理解シンポジウム (MIRU 2018, 札幌)で以下の論文を発表しました.
  • 吉村 貴普, 山西 良典, 岩堀 祐之, 溝口 友喜, "オントロジー・CNN特徴量を用いたWebからのデータセット自動構築", MIRU 2018, PS1-47, pp.1-2, August 6, 2018.
  • 椎名 登紀子, 岩堀 祐之, Boonserm Kijsirikul, "多入力畳込みニューラルネットワークを用いた電子基板の欠陥分類", MIRU 2018, PS2-48, pp.1-2, August 7, 2018.
    miru_2018_01.jpg miru_2018_02.jpg miru_2018_03.jpg
2018/07/24 電子情報通信学会 医用画像研究会 で以下の論文を発表しました. 岩堀は座長を務めた.
  • 村田征隆・〇岩堀祐之・宇佐美裕康・小笠原尚高・春日井邦夫, "3種類の内視鏡画像からのCNN特徴量を用いたポリープの分類", 電子情報通信学会医用画像研究会, 8ページ, 2018
2018/07/11 CSII 2018 (AAI 2018と共催) で以下の論文を発表しました. 岩堀はCSII 2018とAAI 2018のプログラム委員を務めた.
  • Yuji Iwahori, Lei Huang, Aili Wang, M. K. Bhuyan, "Shape Recovery using Improved Fast Marching Method for SEM Image", CSII 2018, pp.60-65, 2018.
2018/07/01 Journal of Visual Communication and Image Representation (JVCIR)に以下の論文を発表しました.
  • Sunil Kumar, M.K. Bhuyan, Brian C. Lovell, Yuji Iwahori, "Hierarchical uncorrelated multiview discriminant locality preserving projection for multiview facial expression recognition", Journal of Visual Communication and Image Representation (JVCIR) 54 (2018) 171-181, DOI:10.1016/j.jvcir.2018.04.013, July 2018.
2018/06/20 Pattern Recognition Applications and Methods, Springer LNCSにICPRAM 2017のセレクト論文が掲載されました.
  • Mayank Golhar, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Kenji Funahashi, Kunio Kasugai, "Blood Vessel Delineation in Endoscopic Images with Deep Learning Based Scene Classification", Lecture Notes in Computer Science, Pattern Recognition Applications and Methods, DOI: 10.1007/978-3-319-93647-5_9, pp.147-168, June 2018.
2018/06/18 大岩大夢(2018/03 M2修了)が2017年度電子情報通信学会学生研究奨励賞を受賞しました.全部で18名 (B:1, M:14, D:3) うち私立大学では名城大1名と中部大1名が受賞しました.
    IEICE2018 IEICE2018
2018/06/14 Springer Multimedia Tools and Applications (MTAP)に以下の論文を発表しました.
  • Amit Vishwakarma, M.K. Bhuyan, Yuji Iwahori, "Non-subsampled shearlet transform-based image fusion using modified weighted saliency and local difference", Springer Multimedia Tools and Applications, June 14, 2017.
2018/05/26 インド工科大学 (IIT Guwahati) の学部生(B2)を研究インターンシップで受け入れました (07/16まで).
    IITG2018 IITG2018 IITG2018
2018/05/01-03 ICSigSys 2018, Bali, Indonesia で以下の論文を発表しました.
  • Pradipta Sasmal, Yuji Iwahori, M.K. Bhuyan, Kunio Kasugai, "Active Contour Segmentation of Polyps in Capsule Endoscopic Images", Proceedings of ICSigSys 2018, pp.1-4, 2018.
2018/04/01 タイ・バンコクを対象としたSATREPS Project (JST & JICA) "THAILAND 4.0を目指したCO2排出削減と市民総幸福向上を同時実現するためのe-スマート交通統合戦略"に参加しました.『Thailand4.0を実現するスマート交通戦略』市民のQOL向上と社会の低炭素化を同時に達成!

2018/03/22-24 WiSPNET 2018, Chennai, India で以下の論文を発表しました.
  • Soumayan Dutta, Pradipta Sasmal, M.K. Bhuyan, Yuji Iwahori, "Automatic Segmentation of Polyps in Endoscopic Image using Level-Set Formulation", Proceedings of WiSPNET 2018, pp.1-5, 2018.
2018/03/22 2018年電子情報通信学会総合大会 (東京電機大学) で以下を発表しました.
  • 大音 翼, 宇佐美裕康, 岩堀祐之, 春日井邦夫, 小笠原尚高, "VGG16転移学習モデルを用いたポリープ自動検出", D-16-3, 2018年電子情報通信学会総合大会 (東京電機大学), 2018.
2018/03/20 International Journal of Performability Engineering (IJPE)に以下を発表しました.
  • Jitao Zhang, Aili Wang, Na An, Yuji Iwahori, "Superresolution Approach of Remote Sensing Images based on Deep Convolutional Neural Network", International Journal of Performability Engineering (IJPE), Vol.14, No.3, pp.463-472, 2018.
2018/03/07-12    全学MoU締結先のインド工科大学グワハティを岩堀が訪問しました.
2018/02/20 International Journal of Performability Engineering (IJPE)に以下を発表しました.
  • Aili Wang, Zhennan Yang, Yushi Chen, Yuji Iwahori, "Target Tracking based on KCF Combining with Spatio-Temporal Context Learning", International Journal of Performability Engineering (IJPE), Vol.14, No.2, February 2018, pp. 386-395, DOI: 10.23940/ijpe.18.02.p20.386395.
2018/02/19-21 PATTERNS 2018 (Barcelona, Spain)で以下を発表しました.宇佐美がセッションチェア(岩堀の代理)を務めた.岩堀は運営委員・プログラム委員を務めた.
  • Yuki Mizoguchi, Takahiro Yoshimura, Yuji Iwahori, Ryosuke Yamanishi, "Automatic Construction of Image Data Set Using Query Expansion Based on Tag Information", PATTERNS 2018, pp.18-20, 2018.
  • Takahiro Yoshimura, Yuki Mizoguchi, Yuji Iwahori, Ryosuke Yamanishi, "Construction of Large Scale Image Data Set from Web Using Ontology and Deep Learning Model", PATTERNS 2018, pp.21-22, 2018.
  • Hiroyasu Usami, Yuji Iwahori, Naotaka Ogasawara, Kunio Kasugai, "Colon Blood Vessel Detection Based on U-net", PATTERNS 2018, pp.23-24, 2018.
2018/02/18-19 知能情報ファジィ学会東海支部 第44回東海ファジィ研究会 (ヒマ研2018) で発表しました.
  • 大岩大夢, 福井真二, 岩堀祐之, 中村剛士, Boonserm Kijsirikul, "聴導犬ロボットのための人物発見と追跡", 知能情報ファジィ学会東海支部(第44回東海ファジィ研究会), P2-14, pp.1-4, 2018.
    大岩大夢 M2 が知能情報ファジィ学会東海支部第44回東海ファジィ研究会優秀発表賞を受賞しました.(発表件数40うち優秀発表賞5件)
  • 浅井貴行, 岩堀祐之, 宇佐美裕康, Boonserm Kijsirikul, "特異値分解と回帰分析を用いた物体認識に効果的なCNN特徴量選択", 知能情報ファジィ学会東海支部(第44回東海ファジィ研究会), P3-05, pp.1-3, 2018.
2018/01/19 A paper was presented at BIOIMAGING 2018 (Funchal, Portugal).
  • Ankur Deka, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Pradipta Sasmal, Kunio Kasugai, "Dense 3D Reconstruction of Endoscopic Polyp", BIOIMAGING 2018, pp.159-166. 2018.
    BIOIMAGING 2018
    著者らはBIOIMAGING 2018 最優秀ポスター賞を受賞しました.
2017/12/20 A paper was published at International Journal of Advances in Software (IARIA IJAS).
  • Kenji Funahashi, Yutaro Mori, Hiromasa Takahashi, Yuji Iwahori, "Method to Use Low-priced Data-glove Effectively Based on Medical Knowledge for Hand Motion Pattern", vol 10, no 3&4, pp.241-250, 2017.
2017/11/26 第15回情報学ワークショップ(WiNF 2017 於中部大学)で以下を発表しました.岩堀は実行委員長を務めた.
  • 大岩大夢, 福井真二, 岩堀祐之, 中村剛士,"確率的背景モデルによる移動カメラ環境に対応した物体追跡", C-3, 知的画像処理2, 第15回情報学ワークショップ(WiNF 2017), pp.1-4, 2017.
  • 黄磊,岩堀祐之,王愛麗,"改良Fast Marching Method による走査型電子顕微鏡画像からの3次元形状復元", D-5, 知的画像処理3, 第15回情報学ワークショップ(WiNF 2017), pp.1-4, 2017.
  • 熊谷将成, 福井真二, 岩堀祐之,"追跡のためのズームに頑健な確率的背景モデル", PB-15, 第15回情報学ワークショップ(WiNF 2017), ポスター発表, 2017.
  • 伊藤大輝, 福井真二, 岩堀祐之,"時系列情報を用いた移動物体の影検出手法", PD-28, 第15回情報学ワークショップ(WiNF 2017), ポスター発表, 2017.
  • 岩田英和, 福井真二, 岩堀祐之,"RNN とOpenPose を用いた行動認識手法の検討", PD-29, 第15回情報学ワークショップ(WiNF 2017), ポスター発表, 2017.
  • 村田征隆, 岩堀祐之, 小笠原尚高, 春日井邦夫,"CNN 特徴量とSVM を用いた投票処理による3種類の内視鏡画像からのポリープ分類", PD-30, 第15回情報学ワークショップ(WiNF 2017), ポスター発表, 2017.
  • 朝戸祐気, 鈴木愛一郎, 岩堀祐之, 小笠原尚高, 春日井邦夫,"内視鏡環境での実スケール3D マップ作成と解析的反射係数推定", PD-32, 第15回情報学ワークショップ(WiNF 2017), ポスター発表, 2017.
  • 大音翼, 宇佐美裕康, 岩堀祐之, 春日井邦夫, 小笠原尚高,"CNN による内視鏡画像からのポリープの自動検出", PD-33, 第15回情報学ワークショップ(WiNF 2017), ポスター発表, 2017.
  • 溝口友喜, 山西良典, 岩堀祐之,"頻出度を考慮した検索クエリ選定によるデータセットの自動構築・拡張", PD-35, 第15回情報学ワークショップ(WiNF 2017), ポスター発表, 2017.
  • 高田陽平, 椎名登紀子, 岩堀祐之,"Dense SIFT とCNN を用いた電子基板の欠陥検出・分類", PD-37, 知的画像処理3, 第15回情報学ワークショップ(WiNF 2017), ポスター発表, 2017.
  • 椎名登紀子, 岩堀祐之, "CNNによる特徴抽出を用いた電子基板の欠陥分類", PD-38, 第15回情報学ワークショップ(WiNF 2017), ポスター発表, 2017.
2017/11/13-18    オハイオ大学でのIEW(International Education Week)に参加,Tanaka-Ohio Award for Excellence in Global Engagementを受賞しました. 2017/09/18-21 Acivs 2017 (Advanced Concepts for Intelligent Vision Systems) Antwerp, Belgiumで黄磊M2が以下の論文を発表しました.岩堀はプログラム委員を務めた.
  • Lei Huang, Yuji Iwahori, Aili Wang, Bhuyan Manas, "3D Shape from SEM Image Using Improved Fast Marching Method", Acivs 2017, Paper 134, Springer LNCS, 12 Pages, 2017.
2017/09/20 Journal of Robotics and Mechanical Engineering Research (JRMER)に以下の論文を発表しました. 2017/09/09-12 IAPR (国際パターン認識連盟) CVIP-WM 2017, IIT Roorkee, India で以下の論文を発表しました.
  • Amit Vishwakarma, M.K. Bhuyan, Yuji Iwahori, "An Efficient Algorithm for Medical Image Fusion using Nonsubsampled Shearlet Transform", Proceedings of Second International Conference on Computer Vision and Image Processing & Workshop on Multimedia (CVIP-WM 2017), pp.203-211, 2017.
2017/09/06-08 KES 2017 (知識ベース知能情報工学システム国際会議, Marseille, France)で以下を発表しました.岩堀はセッションチェア,プログラム委員,キーノートスピーカーを務めた.
  • Daimu Oiwa, Shinji Fukui, Yuji Iwahori, Boonserm Kijsirikul, Tsuyoshi Nakamura, M. K. Bhuyan, "Tracking with Extraction of Moving Object under Moving Camera Environment", Procedia Computer Science, Elsevier, Vol.112, Pages 1479-1487, 2017.
  • Yuya Tsukada, Yuji Iwahori, Kenji Funahashi, Mami Jose, Jun Ueda, Takashi Iwamoto, "Extraction of Cell Nuclei using CNN Features", Procedia Computer Science, Elsevier, Vol.112, Pages 1633-1640, 2017.
  • Hiroyasu Usami, Yuji Iwahori, Naotaka Ogasawara, Kunio Kasugai, Yoshinori Adachi, "Polyp Shape Recovery Based on Blood Vessel Structure Analysis", Procedia Computer Science, Elsevier, Vol.112, Pages 1793-1800, 2017.
2017/09/07 岩堀はKES 2017で基調講演を務めた.
2017/09/07-08 平成29年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会 (名古屋大学) で以下を発表しました.
  • 岩田英和,福井真二,岩堀祐之,"追跡中に更新された色情報と 3 次元情報を用いた移動物体追跡", G5-6, 移動物体認識, 平成29年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2017.
  • 黄磊,岩堀祐之,王愛麗,"3次元形状復元のためのFMMの改良", H5-2, 形状復元・CG,平成29年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2017.
  • 宮崎將太,宇佐美裕康,岩堀祐之,小笠原尚高,春日井邦夫,"ポリープの形状復元のための構造解析による血管領域検出", F5-3, 医用画像,平成29年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2017.
2017/09/20 A paper was published at Journal of Robotics and Mechanical Engineering Research (JRMER).
  • Hiroyasu Usami, Yuji Iwahori, Yoshinori Adachi, Robert J. Woodham, Aili Wang and Boonserm Kijsirikul, "Neural Network based Shape Recovery from SEM Images Using Secondary Electron Image and Reflecting Electron Image", Journal of Robotics and Mechanical Engineering Research (RJMER), Vol. 2, Issue 1, pp.7-17, September 2017.
2017/08/23 中部大学とインド工科大学グワハティとの間で学術交流協定(全学協定) MOU (Memorandum of Understanding) を締結しました.

2017/08/16-26    岩堀と宇佐美D2が研究打ち合わせのため チュラロンコン大学 計算機工学科 (バンコク)を訪問しました. 椎名M1を09/23まで研究インターンシップでチュラロンコン大学(MIND Lab.)に送り出しました.

  • 左は計算機工学科のProf. Boonserm Kijsirikulらと.右は工学部長室にて.
  • Yuji Iwahori, "Medical Image Analysis and Pattern Classification using Machine Learning Approach", Invited Talk (招待講演) at Chulalongkorn Univ., August 24, 2017
    chula_iwahori_2017_01.jpg chula_iwahori_2017_02.jpg chula_iwahori_2017_03.jpg
2017/08/08-10 画像の認識・理解シンポジウム (MIRU 2017, 広島)で以下の論文を発表しました.
  • 宇佐美 裕康, 岩堀 祐之, 小笠原 尚高, 春日井 邦夫, "医療用縫合糸を用いた単一内視鏡画像からのポリープの大きさと形状復元", MIRU 2017, PS1-67, pp.1-4, August 8, 2017.
  • 大岩 大夢, 福井 真二, 岩堀 祐之, "移動カメラ環境における追跡のための確率的背景モデル", MIRU 2017, PS2-8, pp.1-2, August 9, 2017.
  • 高田 陽平, 椎名 登紀子, 岩堀 祐之, "SURF特徴とCNN特徴を用いた電子基板の欠陥検出・分類", MIRU 2017, PS3-32, pp.1-2, August 10, 2017.
  • 村田 征隆, 岩堀 祐之, 小笠原 尚高, 春日井 邦夫, "3種類の内視鏡画像からの投票処理によるポリープの分類", MIRU 2017, PS3-66, pp.1-2, August 10, 2017.
2017/08/02    九州工業大学大学院の特別講演を担当しました。
  • 岩堀祐之, "形状復元とパターン分類の医療内視鏡画像への応用", 九州工業大学大学院特別講演, August 2, 2017
  • Pictures are with Associate Prof. Tsuyoshi Saito and Prof. Takayuki Okabe (from right to left).
    kyutech_02.jpg kyutech_01.jpg
2017/07/24 ラジャマンガラ工科大学クルンテープ校の学長以下御一行6名が来学され,中部大学工学部(工学研究科)との間で学術交流協定 (MOU) を締結しました.
    UTK1.jpg UTK2.jpg
2017/07/10 ACIS CSII 2017で以下の論文を発表しました. 岩堀はPublicity Chairを務めた.
  • Yuji Iwahori, Tomoya Suda, Kenji Funahashi, Hiroyasu Usami, Aili Wang, M. K. Bhuyan, Kunio Kasugai, "Shape Recovery of Polyp from Endoscope Image Using Blood Vessel Information", 2017.
  • Tsubasa Ooto, Hiroyasu Usami, Yuji Iwahori, Aili Wang, Naotaka Ogasawara, Kunio Kasugai, "Cost Reduction of Creating Likelihood Map for Automatic Polyp Detection Using Image Pyramid", 2017
    Iwahori_Lab_170710 Iwahori_Lab_1707102
2017/06/27-30 IFSA-SCIS 2017で以下を発表しました.
  • Hoshito Kudo, Satoshi Tanaka, Yukihiro Yoshida, Tsuyoshi Nakamura, Masayoshi Kanoh, Koji Yamada, Daimu Oiwa, Yuji Iwahori, Shinji Fukui, "Estimation of user location for hearing-dog robot using past experience", IFSA-SCIS 2017, pp.1-5, 2017.
2017/06/28 高田陽平M2 がPATTERNS 2017で優秀論文賞を受賞しました.
  • Yohei Takada, Tokiko Shiina, Hiroyasu Usami, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, "Defect Detection and Classification of Electronic Circuit Boards Using CNN Features and Keypoint Extraction", PATTERNS 2017, ISBN: 978-1-61208-534-0, 78013, pp.113-116, 2017.
2017/06/08 画像センシングシンポジウム (SSII 2017, 横浜)で以下を発表しました.
  • 溝口友喜, 大谷世紀, 山西良典, 岩堀祐之, "行動認識のための行動と動作の関係性抽出", 画像センシングシンポジウム(SSII 2017), IS2-02, pp.1-6, 2017.
    Iwahori_Lab_170608
2017/05/24-27 IEEE/ACIS ICIS 2017 (武漢, 中国)で以下の論文を発表しました. 論文は発表論文の中から選ばれて Springer SCI に掲載された.
  • Tokiko Shiina , Yuji Iwahori, Yohei Takada, Boonserm Kijsirikul, M. K. Bhuyan, "Reducing Misclassification of True Defects in Defect Classification of Electronic Board", Springer Studies in Computational Intelligence, Vol.719, pp 77-92, 27 May 2017
    icis2017_1.jpg icis2017_2.jpg
2017/05/13-15 岩堀は工学部長松尾先生らとともに中国上海で開催された日中大学フェア&フォーラムに参加しました.

2017/05/20 インド工科大学 (IIT Guwahati) の学部生(B2)と大学院生(D2)を研究インターンシップ で受け入れました (07/16まで).

    IITG2017 IITG2017 IITG2017
2017/04/20 International Journal of Performability Engineering (IJPE)に以下を発表しました.
  • Jitao Zhang, Aili Wang, Mingxiao Wang, Yuji Iwahori, "A Novel Target Tracking Algorithm Based on TLD Combining with SLBP", International Journal of Performability Engineering (IJPE), Vol. 13, No. 4, July 2017, pp. 458-468, DOI: 10.23940/ijpe.17.04.p13.458468.

2017/03/25 2017年電子情報通信学会総合大会 (名城大学天白キャンパス) で以下を発表しました.
  • 大岩大夢,福井真二,岩堀祐之,Boonserm Kijsirikul,中村剛士,"物体追跡のための確率的背景モデルの改良", 2017年電子情報通信学会総合大会 D-12-53, (名城大学) March 2017.
2017/03/22-24 WiSPNET 2017 (Chennai, India)で以下の論文を発表しました.
  • Pawan Kumar Dixit, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Kunio Kasugai, Amit Vishwakarma, "Polyp Shape Estimation from Endoscopy Video using EKF Monocular SLAM with SFS Model Prior", WiSPNET 2017, pp.1-6, 2017.
2017/02/24-26 ICPRAM 2017 (Porto, Portugal)で以下の論文を発表しました.岩堀はプログラム委員を務めた.
  • Mayank Golhar, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Kenji Funahashi, Kunio Kasugai, "A Robust Method for Blood Vessel Extraction in Endoscopic Images with SVM-based Scene Classification", ICPRAM 2017, pp.148-156. 2017.
  • Yuji Iwahori, Hiroaki Hagi, Yasuhiro Usami, Robert J. Woodham, Aili Wang, M. K. Bhuyan, Kunio Kasugai, "Automatic Polyp Detection from Endoscope Image Using Likelihood Map Based on Edge Information", ICPRAM 2017, pp.402-409, 2017.
2017/02/19-23 PATTERNS 2017 (Athens, Greek)で以下を発表しました.岩堀はセッションチェア,運営委員・プログラム委員を務めた.
  • Kenji Funahashi, Yutaro Mori, Hiromasa Takahashi, Yuji Iwahori, "A Data Adjustment Method of Low-priced Data-glove based on Hand Motion Pattern", PATTERNS 2017, ISBN: 978-1-61208-534-0, 78002, pp.97-102, 2017.
  • Hiroyasu Usami, Yuji Iwahori, Boonserm Kijsirikul, M. K. Bhuyan, Aili Wang, Kunio Kasugai, "Obtaining Shape from Endoscope Image Using Medical Suture with Two Light Sources", PATTERNS 2017, ISBN: 978-1-61208-534-0, 78007, pp.103-108, 2017.
  • Masataka Murata, Hiroyasu Usami, Yuji Iwahori, Aili Wang, Naotaka Ogasawara, Kunio Kasugai, "Polyp Classification UsingMultipleCNN-SVMClassifiersfromEndoscopeImages", PATTERNS 2017, ISBN: 978-1-61208-534-0, 78008, pp.109-112, 2017.
  • Yohei Takada, Tokiko Shiina, Hiroyasu Usami, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, "Defect Detection and Classification of Electronic Circuit Boards Using Keypoint Extraction and CNN Features", PATTERNS 2017, ISBN: 978-1-61208-534-0, 78013, pp.113-116, 2017.
2017/02/13 International Journal of Software Innovation (IJSI) に以下の論文を発表しました.
  • Daimu Oiwa, Shinji Fukui, Yuji Iwahori, Tsuyoshi Nakamura, Boonserm Kijsirikul, M. K. Bhuyan, "Probabilistic Background Model by Density Forests for Robust Tracking", International Journal of Software Innovation (IJSI), Volume 5, Issue 2, pp.1-16, DOI: 10.4018/IJSI.2017040101, April-June 2017.
  • Hiroyasu Usami, Yuji Iwahori, Yuki Hanai, Boonserm Kijsirikul, Kunio Kasugai, "Recovering Shape from Endoscope Image Using Two Light Sources", International Journal of Software Innovation (IJSI), Volume 5, Issue 2, pp.33-54, DOI: 10.4018/IJSI.2017040103, April-June 2017.
2017/01/31 人工知能学会論文誌に以下の論文を発表しました.
  • 大谷世紀, 山西良典, 岩堀祐之, "視覚情報と意味情報のハイブリッドノイズ除去法に基づくWeb画像データベースの自動構築", 人工知能学会論文誌, Vol.32, No.1, pp.1-10, Jan. 2017.
2016/12/20 産業技術教育に関する以下の論文を発表しました.
  • Yuji Iwahori, "Industrial Technology Education at Chubu University Computer Science", International Conference on Industrial Technology Education for Sustainable Development in "Technology Education, Engineering Education, TVET and STEM Education", pp.69-76, ISBN 978-4-9908627-0-1, 2016.
2016/11/27 WiNF 2016 (情報学ワークショップ;愛知県立大学) にてポスター発表しました.岩堀は実行委員を務めた.
  • 宇佐美裕康,大音翼,岩堀祐之,春日井邦夫,"Watershed法を用いた内視鏡画像からのポリープ領域の自動検出", 平成28年度情報学ワークショップ WiNF 2016, B-22X, 2016.
  • 池田直樹,岩堀祐之,春日井邦夫,"HSV表色系を用いた反射率の一様化による拡散反射画像の生成", 平成28年度情報学ワークショップ WiNF 2016, B-31, 2016.
  • 井上英信,岩堀祐之,"ノイズ除去手法を用いたBag of Featuresによる欠陥分類", 平成28年度情報学ワークショップ WiNF 2016, B-29, 2016.
  • 大谷世紀,山西良典,岩堀祐之, 溝口友喜,"視覚情報と意味情報を用いたノイズ除去法に基づくWeb画像データベースの自動構築", 平成28年度情報学ワークショップ WiNF 2016, B-34, 2016.
  • 東康太,福井真二,岩堀祐之, "SILTPとNVDから構築したヒストグラム特徴量を用いた高速な影検出手法", 平成28年度情報学ワークショップ WiNF 2016, B-35, 2016.
  • 大岩大夢,福井真二,岩堀祐之, 中村剛士,"聴導犬ロボットのための距離画像を用いた人物追跡", 平成28年度情報学ワークショップ WiNF 2016, B-21X, 2016.
  • 村田征隆,岩堀祐之, 春日井邦夫,"大域的最適化による内視鏡画像の三次元形状復元", 平成28年度情報学ワークショップ WiNF 2016, B-30, 2016.
  • 井上裕貴,福井真二,岩堀祐之, "SILTPを用いた移動物体抽出用背景モデルによる移動物体抽出", 平成28年度情報学ワークショップ WiNF 2016, B-43, 2016.
  • 椎名登紀子,高田陽平,岩堀祐之,"ドーム照明とリング照明の下で撮影した2枚の検査画像を用いた欠陥分類手法", 平成28年度情報学ワークショップ WiNF 2016, B-28, 2016.
    winf2016_1.jpg winf2016_2.jpg winf2016_3.jpg winf2016_4.jpg winf2016_5.jpg
    winf2016_6.jpg winf2016_7.jpg winf2016_0.jpg
2016/10/31 International Journal of Multimedia and Ubiquitous Engineering (IJMUE) に以下の論文を発表しました.
  • Aili Wang, Mingxiao Wang, Jitao Zhang, Yuji Iwahori, Bo Wang, "Pedestrian Detection Algorithm Combining HOG and SLBP", International Journal of Multimedia and Ubiquitous Engineering, Vol.11, No.10, pp.175-182, 2016.
2016/09/17-18 研究室中間発表を兼ねてゼミ旅行に出かけました。
2016/09/12-13 平成28年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会 (豊田高専) で以下を発表しました.
  • 高田陽平,井上英信,椎名登紀子,岩堀祐之,"照明条件を変化させた2 枚の画像を用いた電子基板の欠陥分類", C1-5, 形状・物体認識, 平成28年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2016.
  • 溝口友喜,大谷世紀,山西良典,岩堀祐之, "動画像データセット自動構築のためのクエリ自動選定", G3-3, データベース, 平成28年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2016.
  • 井上裕貴,東山渡,福井真二,岩堀祐之, "微小変動領域の検出を用いた高精度な移動物体抽出", A3-4, 行動・動体認識, 平成28年度電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2016.
  • 村田征隆,岩堀祐之,春日井邦夫, "光学的制約を用いた大域的最適化によるポリープの形状復元", D4-4, 医用画像処理, 平成28年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2016.
  • 大音翼,宇佐美裕康,岩堀祐之,春日井邦夫, "画像ピラミッドによる尤度マップを用いたポリープの自動検出", D4-5, 医用画像処理, 平成28年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2016.
2016/09/05-07 KES 2016 (知識ベース知能情報工学システム国際会議, York, UK)で以下を発表しました.岩堀はセッションチェア,プログラム委員を務めた.
  • Kota Higashi, Shinji Fukui, Yuji Iwahori, Yoshinori Adachi, M. K. Bhuyan, "New Feature for Shadow Detection by Combination of Two Features Robust to Illumination Changes", Procedia Computer Science, Elsevier, Vol.96, Pages 896-903, 2016.
  • Shinji Fukui, Sou Hayakawa, Yuji Iwahori, Tsuyoshi Nakamura, M. K. Bhuyan, "Particle Filter Based Tracking with Image-Based Localization", Procedia Computer Science, Elsevier, Vol.96, Pages 977-986, 2016.
  • Seiki Ootani, Ryosuke Yamanishi, Yuji Iwahori, "Effectiveness Comparison of Visual and Semantic Features for Noise Image Removal", Procedia Computer Science, Elsevier, Vol.96, Pages 1112-1121, 2016.
    KES2016_0.jpg KES2016_2.jpg KES2016_3.jpg
2016/08/31 International Journal of Multimedia and Ubiquitous Engineering (IJMUE) に以下の論文を発表しました.
  • Aili Wang, Na An, Yangyang Zhao, Yuji Iwahori, Rui Kang, "3D Reconstruction of Remote Sensing Image Using Region Growing Combining with CMVS-PMVS", International Journal of Multimedia and Ubiquitous Engineering, Vol.11, No.8, pp.29-36, 2016.
2016/08/09-18    岩堀と宇佐美D1が研究打ち合わせのため チュラロンコン大学 計算機工学科 (バンコク)を訪問しました. 浅井M1と大岩M1は09/17までそれぞれ研究インターンシップに訪問しました.
  • Yuji Iwahori, "3D Shape Recovery and Pattern Classification Using Neural Network Learning", Invited Talk (招待講演) at Chulalongkorn Univ., August 15, 2016
  • 左は計算機工学科のProf. Boonserm Kijsirikulと.中央はAssistant Prof. Thanarat Chalidabhongseと.
    chula_iwahori_03.jpg chula_iwahori_04.jpg chula_iwahori_03.jpg
2016/08/01-04 画像の認識・理解シンポジウム (MIRU 2016, 浜松)で以下の論文を発表しました.
  • 大谷 世紀 (中部大), 山西 良典 (立命館大), 岩堀 祐之, 溝口 友喜 (中部大), "Web画像に対する視覚情報と意味情報に基いたハイブリッドノイズ除去", MIRU 2016, PS1-51, pp.1-2, August 2, 2016.
  • 池田 直樹, 岩堀 祐之 (中部大), 春日井 邦夫 (愛知医科大), "HSV表色系を用いた反射率の一様化による拡散反射画像の生成", MIRU 2016, PS3-48, pp.1-2, August 4, 2016.
  • 東 康太 (中部大), 福井 真二 (愛教大), 岩堀 祐之 (中部大), "照明変化に頑健な特徴量から得られるヒストグラムを用いた高速な影検出手法の精度改善", MIRU 2016, PS3-51, pp.1-2, August 4, 2016.
2016/07/12 ITC-CSCC 2016 (Okinawa, Japan)で以下の論文を発表しました.
  • Hidenobu Inoue, Yuji Iwahori, Boonserm Kijsirikul, Manas K. Bhuyan, "Defect Classification of Electronic Board Using Bag of Features and Color Information", Proc. of ITC-CSCC 2016, T1-5, Computer Vision (1), pp.463-466, 2016.
  • Naoki Ikeda, Hiroyasu Usami, Yuji Iwahori, Boonserm Kijsirikul, Kunio Kasugai, "Generating Lambertian Image by Removing Specular Reflection Component and Difference of Reflectance Factor Using HSV", Proc. of ITC-CSCC 2016, T2-5, Computer Vision (2), pp.547-550, 2016.
    IMG_0391d.jpg IMG_0410d.jpg
2016/06/29 IEEE/ACIS ICIS 2016 (Okayama, Japan)で以下の論文を発表しました.Session2C KNOWLEDGE DISCOVERY, NEURAL NETWORKS AND GENETIC ALGORITHMS 1のChairを務めた。
  • Hiroyasu Usami, Yuki Hanai, Yuji Iwahori, Kunio Kasugai, "3D Shape Recovery of Polyp using Two Light Sources Endoscope", Proc. of IEEE/ACIS ICI 2016, pp.289-294, 2016.
  • Daimu Oiwa, Shinji Fukui, Yuji Iwahori, Tsuyoshi Nakamura and Manas K. Bhuyan, "Tracking with Probabilistic Background Model by Density Forests", Proc. of IEEE/ACIS ICIS 2016, pp.391-396, 2016.
    icis2016_1.jpg icis2016_2.jpg icis2016_3.jpg icis2016_4.jpg
2016/06/10 画像センシングシンポジウム (SSII 2016, 横浜)で以下を発表しました.
  • 浅井貴行, 岩堀祐之, 春日井邦夫, "内視鏡画像上のポリープ識別のためのエッジ検出改善", 画像センシングシンポジウム(SSII 2016), IS3-02, pp.1-7, 2016.
2016/05/21 インド工科大学 (IIT Guwahati) の学部生を研究インターンシップ で受け入れました (07/17まで).
    IITG2016_1 IITG2016_2
2016/04/01 電気学会論文誌(IEEJ)に以下の論文を発表しました.
  • 津田誠也, 岩堀祐之, 花井勇樹, 春日井邦夫, "ニューラルネット学習による医療内視鏡画像からの形状復元精度向上", 電気学会論文誌C (電子・情報・システム部門誌), Vol.136, No.4, pp.556-563, 2016.

2016/03/15-17 2016年電子情報通信学会総合大会 (九州大学伊都キャンパス) で以下を発表しました.
  • 花井勇樹, 岩堀祐之, 春日井邦夫, "2 点光源照明内視鏡でのポリープの大きさと形状復元", 電子情報通信学会2016年総合大会, D-12-74 (March 15), 2016.
  • 東山渡, 福井真二, 岩堀祐之, "高精度な移動物体検出のための微小変動領域抽出手法の改良", 電子情報通信学会2016年総合大会, D-12-82 (March 16), 2016.
2016/03/01 International Journal of Multimedia and Ubiquitous Engineering (IJMUE) に以下の論文を発表しました.
  • Aili Wang, Mingji Yang, Xue Gao, Yuji Iwahori, "Blocking Variable Step Size Forward-Backward Pursuit Algorithm for Image Reconstruction", International Journal of Multimedia and Ubiquitous Engineering, Vol.11, No.2, pp.17-22, 2016.
2016/02/26-28 IAPR (国際パターン認識連盟) CVIP 2016, IIT Roorkee, India で以下の論文を発表しました.
  • Shashi Kumar, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, "PCB Defect Classication Using Logical Combination of Segmented Copper and Non-Copper Part", Proceedings of International Conference on Computer Vision and Image Processing (CVIP 2016), pp.523-532, DOI: 10.1007/978-981-10-2104-6_47, 2016.
2016/02/24-26 ICPRAM 2016 (Roma, Italy)で以下の論文を発表しました.プログラム委員のほか医用画像解析のセッションチェアを務めた.
  • Yuji Iwahori, Daiki Yamaguchi, Tsuyoshi Nakamura, Boonserm Kijsirikul, M.K. Bhuyan, Kunio Kasugai, "Estimating Reflectance Parameter of Polyp Using Medical Suture Information in Endoscope Image", ICPRAM 2016, pp.503-509, 2016.
    2016-02-25 2016-02-26
2016/02/11 知能情報ファジィ学会東海支部 第40回東海ファジィ研究会 (ヒマ研2016) で発表しました.
  • 花井勇樹, 岩堀祐之, 春日井邦夫, "2光源内視鏡でのポリープの大きさと形状復元", 知能情報ファジィ学会東海支部(第40回東海ファジィ研究会), P01-09, pp.1-6, 2016.
    2016-02-11 花井勇樹 M2 が知能情報ファジィ学会東海支部第40回東海ファジィ研究会優秀発表賞を受賞しました.(発表件数27うち最優秀発表賞1件,優秀発表賞4件)
  • 須田智也, 岩堀祐之, 舟橋健司, Boonserm Kijsirikul, M. K. Bhuyan, 春日井邦夫, "内視鏡画像中の血管情報を用いたポリープの三次元形状復元の提案", 知能情報ファジィ学会東海支部(第40回東海ファジィ研究会), P2-03, pp.1-8, 2016.
2016/01/21 Pattern Recognition: Applications and Methods, Springer LNCSにセレクト論文(145論文中20)が掲載されました.
  • Yuji Iwahori, Seiya Tsuda, Robert J. Woodham, M. K. Bhuyan, Kunio Kasugai, "Modification of Polyp Size and Shape from Two Endoscope Images Using RBF Neural Network", Pattern Recognition: Applications and Methods, Springer LNCS, 229-246, 2015.
2016/01/21 大岩大夢 B4 が平成27年度中部大学学長表彰を受賞しました.
2016/01/20 大岩大夢 B4 が平成27年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会東海支部奨励賞を受賞しました.題目: "Density Forests による確率的背景モデル構築"
    Award_2015
2016/01/20 電子情報通信学会医用画像(MI)研究会 (沖縄) にて以下の論文を発表しました.
  • 羽木裕昭・岩堀祐之・春日井邦夫, "エッジ情報による尤度マップを用いた内視鏡画像からのポリープの自動検出", 電子情報通信学会研究技術報告, Vol.115, No.401, MI2015-113, pp.193-198, 2016.
2015/12/05 WiNF 2015 (情報学ワークショップ) にて論文を発表しました.岩堀は座長を務めた.
  • 東 康太,石田 修也,福井 真二,岩堀 祐之, "照明変化に頑健な特徴量を用いたSVM による移動物体の高速な影検出", WiNF 2015, B1-3, pp.1-4, 2015
  • 早川 壮,福井 真二,岩堀 祐之,中村 剛士, "オプティカルフローとPTAMMを用いた3次元位置を考慮した移動物体追跡手法", WiNF 2015, P2-13, pp.1-4, 2015
2015/11/30-12/01 DIPDMWC 2015にて以下の論文を発表しました.
  • Malathi. T, M. K. Bhuyan, C. Asokan, Y. Iwahori, "Disparity Map Estimation using Gabor Wavelet under Radiometric Changes", The Second International Conference on Digital Information Processing, Data Mining, and Wireless Communications (DIPDMWC 2015), pp.148-156, 2015.
2015/11/23 International Journal of Networked and Distributed Computing (IJNDC)に以下の論文を発表しました.
  • Ryosuke Yamanishi, Ryoya Fujimoto, Yuji Iwahori, Robert J. Woodham, "Hybrid Approach of Ontology and Image Clustering for Automatic Generation of Hierarchic Image Database", International Journal of Networked and Distributed Computing (IJNDC), Vol.3, No.4, pp.234-242, 2015.
2015/11/06-07 ICITE for SD-2015 (Chubu University, Japan)で以下の論文を発表しました.
  • Yuji Iwahori, "Industrial Technology Education at Chubu University Computer Science", ICITE for SD-2015, pp.37-38, November 6, 2015.
2015/10/01 International Journal of Multimedia and Ubiquitous Engineeringに以下の論文を発表しました.
  • Yuji Iwahori, Seiya Tsuda, Aili Wang, Robert J. Woodham, M. K. Bhuyan, Kunio Kasugai, "Shape Modification from Endoscope Images by Regression Analysis", IJMUE, Vol.10, No.9, pp.199-210, September 2015.
2015/09/27-30 IEEE ICIP 2015 (Quebec City, Canada)で以下の論文を発表しました.
  • Seiya Tsuda, Yuji Iwahori, Yuki Hanai, Robert J. Woodham, M.K. Bhuyan, Kunio Kasugai, "Recovering Size and Shape of Polyp from Endoscope Image by RBF-NN Modification", IEEE ICIP 2015, pp.4684-4688, TEC-P31.6, Automated Detection and Tracking in Biomedical Images II, September 29, Tuesday 10:30-12:00 (Poster E), 2015.
2015/09/28-29 平成27年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会 (名古屋工業大学) で以下を発表しました.
  • 須田智也,岩堀祐之,舟橋健司,春日井邦夫, "内視鏡画像中の血管色の推定によるポリープの三次元形状復元", M1-1, 3次元復元・3 次元データ処理, 平成27年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2015.
  • 岩本直哉,岩堀祐之, "反射電子と2 次電子画像を用いたNN ベース照度差ステレオ", M1-2, 3次元復元・3 次元データ処理, 平成27年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2015.
  • 羽木裕昭,岩堀祐之,春日井邦夫, "画像ピラミッドとエッジ特徴量を用いたポリープの自動検出", N1-4, 医用画像処理, 平成27年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2015.
  • 浅井貴行,羽木裕昭,岩堀祐之,春日井邦夫, "DSC エッジフィルタを用いた内視鏡動画からのポリープ検出", N1-6, 医用画像処理, 平成27年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2015.
  • 大岩大夢,福井真二,岩堀祐之,中村剛士, "Density Forests による確率的背景モデル構築", M2-3, 物体認識・文字認識, 平成27年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2015.
  • 東康太,石田修也,福井真二,岩堀祐之(中部大), "照明変化に頑健な特徴量を用いたSVM による移動物体の影検出", M4-3, 動画像処理・認識, 平成27年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2015.
  • 早川壮,福井真二,岩堀祐之,中村剛士, "PTAMM を用いたカメラの回転に頑健な追跡手法", M4-6, 動画像処理・認識, 平成27年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, 2015.
2015/09/07-09 KES 2015 (知識ベース知能情報工学システム国際会議, Singapore)で以下を発表しました.セッションチェア,プログラム委員を務めた.
  • Yuji Iwahori, Akira Hattori, Yoshinori Adachi, M.K. Bhuyan, Robert J. Woodham, Kunio Kasugai, "Automatic Detection of Polyp Using Hessian Filter and HOG Features", Procedia Computer Science, Elsevier, Vol.60, Pages 730-739, 2015.
  • Shinji Fukui, Ryuji Nishiyama, Yuji Iwahori, M.K. Bhuyan, Robert J. Woodham, "Object Tracking with Improved Detector of Objects Similar to Target", Procedia Computer Science, Elsevier, Vol.60, Pages 740-749, 2015.
    KES2015_Iwahori.jpg shot_sin.jpg
2015/08/11-20    研究打ち合わせのため チュラロンコン大学 計算機工学科 (バンコク)を訪問しました. 井上M1と池田M1は09/18までそれぞれ研究インターンシップに訪問しました.
  • Yuji Iwahori, "3D Shape Analysis and Object Detection in Computer Vision", Invited Talk (招待講演) at Chulalongkorn Univ., August 14, 2015
  • 左は計算機工学科の先生らと.右は工学部長(2016年度からBundhit Eua-Arporn学長)と.
    DSC07336d.jpg DSC07526d.jpg
2015/08/15 Paper was presented at EAI International Conference on Communications and Networking in China.
  • Aili Wang, Shiyu Dai, Mingji Yang, Yuji Iwahori, "A Novel Human Detection Algorithm Combining HOG with LBP Histogram Fourier", 10th EAI International Conference on Communications and Networking in China, pp.793-797, August 15-17, 2015.
2015/07/27-30 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2015, 大阪) で以下を発表しました.
  • 須田智也, 岩堀祐之, 舟橋健司, 春日井邦夫, "内視鏡画像中の血管を用いたポリープの三次元形状復元", MIRU 2015, SS2-16, pp.1-2, July 29, 2015.
  • 花井勇樹, 岩堀祐之, 池田直樹, 春日井邦夫, "楕円体近似とNN学習を用いた傾き修正によるポリープの形状復元精度向上", MIRU 2015, SS3-9, pp.1-2, July 29, 2015.
  • 大谷世紀, 藤本椋也, 山西良典, 岩堀祐之, 年岡晃一, "Web画像マイニングによって生成した画像データセットの一般物体認識への有用性検証", MIRU 2015, SS3-35, pp.1-2, July 29, 2015.
2015/07/12 ACIT-CSI 2015で以下の論文を発表しました. またComputational Intelligence Track Chairを務めた.
  • Aashish Amber, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Robert J. Woodham and Kunio Kasugai, "Feature Point Based Polyp Tracking in Endoscopic Videos", ACIT-CSI 2015, pp.299-304, 2015.
  • Seiki Otani, Ryoya Fujimoto, Koichi Toshioka, Yuji Iwahori, "RDF Class Collection from Distributed LOD", ACIT-CSI 2015, pp.339-342, 2015.
2015/07/11 International Journal of U- and e- Service, Science and Technology (IJUNESST)に以下の論文を発表しました.
  • Aili Wang, Yangyang Zho, Yuji Iwahori, Xinyuan Wang", "A Novel Feature Detection Algorithm Based on Improved 2DPCA-SIFT", International Journal of U- and e- Service, Science and Technology, Vol.8, No.6, pp.299-304, 2015.
2015/07/04 International Journal of Signal Processing, Image Processing and Pattern Recognitionに以下の論文を発表しました.
  • Aili Wang, Xinyuan Wang, Yuji Iwahori, Yuan Feng, Na Jiang, "A Novel Image Super-Resolution Reconstruction Algorithm Based on Sparse Representation", IJSIP, Vol.8, No.3, pp.275-282, June 2015.
2015/06/30 ITC-CSCC 2015で以下の論文を発表しました.
  • Hidenobu Inoue, Yuji Iwahori, Boonserm Kijsirikul, M. K. Bhuyan, "SVM Based Defect Classification of Electronic Board Using Bag of Keypoints", ITC-CSCC 2015, pp.31-34, 2015.
2015/06/30 IEEE/ACIS ICIS 2015で以下の論文を発表しました.
  • Ryosuke Yamanishi, Ryoya Fujimoto, Yuji Iwahori, Robert J. Woodham, "Automatic Generation of Hierarchic Image Database with Hybrid Method of Ontology and GMM-based Image Clustering", Proc. of ACIS ICIS 2015, pp.179-184, 2015.
2015/06/11 画像センシングシンポジウム(SSII 2015, 横浜)で以下を発表しました.
  • 井上英信, 岩堀祐之, "最終基板外観検査におけるBag of Keypointsを用いた欠陥分類手法", 画像センシングシンポジウム(SSII 2015), IS3-08, pp.1-8, 2015.
2015/06/10 IFOST 2015に以下の論文を発表しました.
  • Aili Wang, Mingji Yang, Yuji Iwahori, "A Novel Multi-sensor Image Fusion Detection Based on D-S Evidence Theory", IFOST 2015, The 10th International Forum on Strategic Technology 2015 June 3 - June 5, 2015 Universitas Gadjah Mada, Indonesia, pp.444-448, IEEE Xplore, 2015.
2015/06/02 International Journal of Signal Processing, Image Processing and Pattern Recognitionに以下の論文を発表しました.
  • Aili Wang, Jiaying Zhao, Shiyu Dai, Yuji Iwahori, Yangyang Zhao, "Medical Image Fusion based on Pulse Coupled Neural Network Combining with Compressive Sensing", IJSIP, Vol.8, No.5, pp.223-230, May 2015.
2015/06/01 International Journal of Multimedia and Ubiquitous Engineeringに以下の論文を発表しました.
  • Aili Wang, Jiaying Zhao, Yuji Iwahori, "Medical Image Fusion in NSCT Domain Combining with Compressive Sensing", IJMUE, Vol.10, No.5, pp.1-8, May 2015.
2015/05/29 NTS INCにて「三次元画像センシングの新展開」が発行されました. 2015/05/23 インド工科大学 (IIT Guwahati) の学部生を研究インターンシップ で受け入れました (07/19まで).
    IITG2015 IITG2015#2
2015/04/09 International Journal of Biomedical Imaging, Hindawi Publishingに以下の論文を発表しました.
  • Seiya Tsuda, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Robert J. Woodham and Kunio Kasugai, "Recovering 3D Shape with Absolute Size from Endoscope Images Using RBF Neural Network," International Journal of Biomedical Imaging, vol. 2015, Article ID 109804, 11 pages, 2015. doi:10.1155/2015/109804.

2015/03/24-25 中央大学にて辻井重男先生が暗号に関するお話をされたあと,岩堀もプレゼンをしました.
    DSC06122d201403.jpg DSC06153d201403.jpg
2015/03/10 2015年電子情報通信学会総合大会(立命館大学BKC)で以下を発表しました.
  • 藤本椋也,山西良典,岩堀祐之,年岡晃一, "オントロジーと混合ガウスモデルを用いたWebからの階層型画像データセットの自動生成", 電子情報通信学会2015年総合大会, D-12-43, 2015.
2015/02/27-03/07    研究打ち合わせでUBC Computer Science (University of British Columbia), Vancouver, Canada を訪れました.(左下:Robert Woodham教授と,右下:David Lowe教授と)
    UBC Main Library UBC Computer Science
    Prof. Robert Woodham Prof. David Lowe
2015/02/15 知能情報ファジィ学会東海支部(第38回東海ファジィ研究会in日間賀島(ヒマ研2015))で発表しました.
  • 津田誠也, 岩堀祐之, 春日井邦夫, "NN学習を用いた傾き修正による内視鏡画像からの形状復元精度向上", 知能情報ファジィ学会東海支部(第38回東海ファジィ研究会), pp.1-6, 2015.
  • 井上英信, 岩堀祐之, "Bag of Keypointsを用いたSVMによる電子基板の欠陥分類手法", 知能情報ファジィ学会東海支部(第38回東海ファジィ研究会), pp.1-4, 2015.
2015/01/30 Springerに以下の論文を発表しました.
  • Yuji Iwahori, Keita Tatematsu, Tsuyoshi Nakamura, Shinji Fukui, Robert J. Woodham and Kunio Kasugai, "3D Shape Recovery from Endoscope Image Based on Both Photometric and Geometric Constraints", Knowledge-Based Information Systems in Practice, Smart Innovation, Systems and Technologies, Springer, Volume 30, pp.65-80, 2015.
2015/01/22 石田修也M2,津田誠也M2, 藤本椋也M2,羽木裕昭M1,東山渡M1が学長表彰を受賞しました.(中部大学全体で49名が受賞)
  • 石田修也M2: 平成25年度電子情報通信学会東海支部学生研究奨励賞を受賞
  • 津田誠也M2: 平成26年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会奨励賞を受賞
  • 藤本椋也M2: ARG 第4回 Webインテリジェンスとインタラクション研究会 (WI2)にて学生奨励賞を受賞
  • 羽木裕昭M1: IPA 情報セキュリティスペシャリスト試験 (レベル4) に合格
  • 東山渡M1: 平成26年度情報学ワークショップ(WiNF 2014)優秀賞を受賞
    gh20150 gh2015
2015/01/20 津田誠也 M2 が平成26年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会東海支部奨励賞を受賞しました.題目: "NN 学習による内視鏡画像からの形状復元精度向上"
    ICPR_2014
2015/01/11-13 IWAIT and IFMIA 2015 (Tainan, Taiwan)で以下の論文を発表しました.
  • Wataru Higashiyama, Shinji Fukui, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Robert J. Woodham, "Moving Object Extraction in Consideration of Small Movement of Background", IWAIT and IFMIA 2015, #75, pp.1-4, 2015.
  • Yuki Hanai, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Robert J. Woodham, Kunio Kasugai, "Shape from Endoscope Image with Optimization and Two Point Light Sources", IWAIT and IFMIA 2015, #76, pp.1-4, 2015.
2015/01/10-12 ICPRAM 2015 (Lisbon, Portugal)で以下の論文を発表しました.プログラム委員のほか分類関係のセッションチェアを務めた.
  • Yuji Iwahori, Seiya Tsuda, Robert J. Woodham, M.K. Bhuyan, Kunio Kasugai, "Improvement of Recovering Shape from Endoscope Images Using RBF Neural Network", ICPRAM 2015, pp.62-70, 2015.
    ICPRAM 2015
2015/01/10 画像ラボ (2015年1月号)に以下の解説記事を掲載しました.
  • 石田修也, 岩堀祐之, 福井真二, "照明変化に頑健な特徴量を用いた影検出", 画像ラボ, pp.57-62, 2015.1
2014/12/12 電子情報通信学会東海支部学生講演会(於鈴鹿高専)で講演をしました.(岩堀)
    DSC05530201412.jpg
2014/12/03 NTT未来ねっと研究所高原所長が岩堀研を訪問されました.
    DSC05486201412
2014/12/01 電子情報通信学会論文誌(情報・システムソサイエティ)に以下の論文を発表しました.
  • 渡邉岳,福井真二,岩堀祐之, "類似物体検出によるパーティクルフィルタを用いた移動物体の高精度化", 電子情報通信学会論文誌(情報・システムソサイエティ), Vol.J97-D, No.12, pp.1737-1739, 2014.
2014/11/29 WiNF 2014 (情報学ワークショップ) にて論文を発表しました.東山渡M1がWiNF 2014優秀賞(49件発表中1件)を受賞しました.
  • 東山渡, 福井真二, 岩堀祐之, "変動領域と非変動領域の分離による移動物体領域抽出", WiNF 2014, pp.1-6, 2014
    WiNF2014 Award
2014/11/02 Paper was published at Springer.
  • So Hayakawa, Shinji Fukui, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan and Robert J. Woodham, "Object Tracking Method Using PTAMM and Estimated Foreground Regions", Software Engineering Research, Management and Applications Studies in Computational Intelligence, Volume 578, pp 205-218, 2015.
2014/09/15-17 KES 2014 (知識ベース知能情報工学システム国際会議, Gdynia, Poland)で以下を発表しました.
  • Shuya Ishida, Shinji Fukui, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Robert J. Woodham, "Shadow Detection by Three Shadow Models with Features Robust to Illumination Changes", Procedia Computer Science, Elsevier, Volume 35, 2014, Pages 1219-1228, 2014.
  • Hiroaki Hagi, Yuji Iwahori, Shinji Fukui, Yoshinori Adachi, M. K. Bhuyan, "Defect Classification of Electronic Circuit Board Using SVM Based on Random Sampling", Procedia Computer Science, Elsevier, Volume 35, 2014, Pages 1210-1218, 2014.
  • Yoshinori Adachi, Masahiro Ozaki, Yuji Iwahori, "Improvement of the Measurement Accuracy and Speed of Pupil Dilation as an Indicator of Comprehension", Procedia Computer Science, Elsevier, Volume 35, 2014, Pages 1202-1209, 2014.
2014/09/12 情報工学専攻M2中間発表を行いました.
2014/09/10 研究室中間発表(M1,B4)を行いました.
2014/09/08-09 平成26年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会 (中京大学名古屋キャンパス) で以下を発表しました.エンターテインメントコンピューティングの座長を務めた(岩堀).
  • 井上英信,羽木裕昭,岩堀祐之, "最終外観検査におけるReal AdaBoost SVR を用いた欠陥分類手法", パターン認識・メディア理解1, 電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, H1-2, 2014
  • 藤本椋也,山西良典,岩堀祐之,年岡晃一,福本淳一, "階層構造化された画像データベースの利用による一般物体認識の性能向上に関する基礎検討", パターン認識・メディア理解2, 電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, H2-8, 2014
  • 東山渡,福井真二,岩堀祐之, "背景中の変動領域を考慮した背景モデルによる移動物体抽出", 物体抽出・認識, 電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, I2-5, 2014
  • 西山竜司,福井真二,岩堀祐之, "Mean-Shift 法による物体検出を用いた移動物体追跡手法の改良", 物体抽出・認識, 電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, I2-6, 2014
  • 津田誠也,岩堀祐之,春日井邦夫, "NN 学習による内視鏡画像からの形状復元精度向上", 医用画像, 電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, G4-5, 2014
  • 花井勇樹,岩堀祐之,春日井邦夫, "2 光源位置推定による内視鏡形状復元の精度向上", 医用画像, 電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, G4-6, 2014
2014/08/31-09/03 IIAI AAI 2014 (Kitakyushu, Japan) で以下の論文を発表しました. セッションの一部チェアを務めた.
  • So Hayakawa, Shinji Fukui, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan and Robert J. Woodham, "Object Tracking Method Using PTAMM and Estimated Foreground Regions", Software Engineering Research, Management and Applications, 978-3-319-11264-0, Springer, 2014.
  • Ryoya Fujimoto, Ryosuke Yamanishi, Yuji Iwahori, Kohichi Toshioka and Junichi Fukumoto, "Generation of Stratified Image Database with Web Image Sharing Service and Ontology", pp.966-971, 2014.
    IIAI_AAI_2014 IIAI_AAI_2014
2014/08/24-08/28 ICPR 2014 (Stockholm, Sweden) で以下の論文を発表しました.
  • Yuji Iwahori, Kenji Funahashi, Robert J. Woodham, M. K. Bhuyan, "Neural Network Based Image Modification for Shape from Observed SEM Images", IAPR ICPR 2014, pp.2131-2136, 2014.
    ICPR_2014
2014/08/13 International Journal of Software Innovation (IJSI) に以下の論文を発表しました.
  • Takuya Nakagawa, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, "Reduction of Defect Misclassification of Electronic Board Using Multiple SVM Classifiers", International Journal of Software Innovation, Vol.2, No.1, pp.25-36, January-March 2014.
2014/07/28-31 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2014, 岡山) で以下を発表しました.
  • 津田 誠也, 岩堀 祐之, 春日井 邦夫, "対象物体自身の反射係数推定による内視鏡画像からのポリープの大きさと形状復元", MIRU 2014, SS1-26, pp.1-2, 2014
  • 藤本 椋也, 山西 良典, 岩堀 祐之, 年岡 晃一, 福本 淳一, "画像の意味理解のための階層的画像データセット生成", MIRU 2014, SS2-51, pp.1-2, 2014
  • 羽木 裕昭, 岩堀 祐之, 福井 真二, "カラー画像を対象としたSVMによる高精度な欠陥分類", MIRU 2014, SS3-11, pp.1-2, 2014
    MIRU2014  MIRU2014 MIRU2014
2014/07/19 International Journal of Machine Learning and Cybernetics, Springer に以下の論文を発表しました.
  • M. K. Bhuyan, V. Venkata Ramaraju and Yuji Iwahori, "Hand gesture recognition and animation for local hand motions", International Journal of Machine Learning and Cybernetics, Vol.5, Issue 4, pp.607-623, Aug. 2014 (doi:10.1007/s13042-013-0158-4)
2014/07/02 Journal of Multimodal User Interfacesに以下の論文を発表しました.
  • M. K. Bhuyan, D. Ajay Kumar, Karl F. MacDorman and Yuji Iwahori, "A novel set of features for continuous hand gesture recognition", Journal on Multimodal User Interfaces, Volume 8, Issue 4, pp 333-343, July 02, 2014 (doi:10.1007/s12193-014-0165-0)
2014/06/17 ハルビン理工大学 (Harbin University of Science and Technology) からの客員教授として王愛麗准教授を受け入れました(06/17-07/15).06/18に招待講演(New Technologies in Image Processing)をしました.
    wan201406
2014/06/12 画像センシングシンポジウム(SSII 2014, 横浜)で以下を発表しました.
  • 花井勇樹, 稲葉高大,岩堀祐之, 春日井邦夫, "点光源・透視投影での2枚の画像からの反射係数の推定および形状復元", 画像センシングシンポジウム(SSII 2014), IS1-24, pp.1-6, 2014
    SSII2014
2014/06/10 ENSEIRB-MATMECA (France) の Prof. Stephane が岩堀研を訪問されました.
    ens201406
2014/06/05 石田M2が平成25年度電子情報通信学会東海支部学生研究奨励賞を受賞しました.
    fuji2014
2014/05/25 藤本M2がARG 第4回 Webインテリジェンスとインタラクション研究会 (WI2)にて学生奨励賞を受賞しました.
  • 藤本椋也, 山西良典, 岩堀祐之, 年岡晃一, 福本淳一, "オントロジーを利用したWeb画像サイトからの階層的画像データセット生成", Webインテリジェンスとインタラクション研究会 (WI2), 2014.
    fuji2014
2014/05/24-07/20 IIT (インド工科大学) の学生2名を短期研究インターンシップで受け入れしました.
    RI2014
2014/05/22 津田M2が電子通信学会 PRMU/MI 研究会で以下の論文を発表しました.
  • 津田誠也, 岩堀祐之, 春日井邦夫, "内視鏡画像からのポリープの大きさと形状復元", 電子通信学会 PRMU/MI 研究会, pp.1-6, 2014.

2014/05/14 中部大学工学部(工学研究科)とチュラロンコン大学 工学部 (工学研究科)との間で学術交流協定 (MOU) を締結しました
MOU (Memorandum of Understanding)

2014/05/01 International Journal of Software Innovation (IJSI)に以下の論文を発表しました.

  • Shuya Ishida, Shinji Fukui, Yuji Iwahori, M.K. Bhuyan, Robert J. Woodham, "Construction of Shadow Model by Robust Features to Illumination Changes", International Journal of Software Innovation (IJSI), Vol.1, No.4, pp.45-55, October-December 2013.

2014/03/18-21 2014年電子情報通信学会総合大会(新潟大)で以下を発表しました.
  • 津田誠也・岩堀祐之・春日井邦夫, ニューラルネットを用いた内視鏡画像からの形状復元精度の改善, D-12-30, 2014.
2014/03/07 A paper was presented at ICPRAM 2014 (Angers, France).
  • Himanshu Agrahari, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Somnath Ghorai, Himanshu Kohli, Robert J. Woodham, Kunio Kasugai, "Automatic Polyp Detection Using DSC Edge Detector and HOG Features", ICPRAM 2014, #24, pp.495-501, March 2014.
    wtf2014
2014/02/14 電子情報通信学会PRMU研究会(福岡大学)で以下を発表しました.
  • 石田修也, 福井真二, 岩堀祐之, "照明変化に頑健な特徴量を用いた影モデルによる影の検出", 信学技法, vol.113, no.431, PRMU2013-160, pp.153-158, 2014.
2014/02/09 知能情報ファジィ学会東海支部(第36回東海ファジィ研究会in日間賀島(ヒマ研2014))で招待講演をしました.(岩堀)
    iwahori01
2014/01/28 浅野B4と中川B4が2013年度工学研究科・工学部交流会ベストコメント賞をもらいました.
2014/01/23 渡邉M2, 津田M1, 藤本M1が学長表彰を受賞しました.
  • 渡邉岳M2: 平成25年度電気関係学会東海支部連合大会において連合大会奨励賞を受賞
  • 藤本椋也M1: Linked Open Data(LOD)チャレンジJapan2012のアプリケーション部門で最優秀賞を受賞
  • 津田誠也M1: 財団法人画像情報教育振興協会主催のCGクリエイター検定エキスパート,画像処理エンジニア検定エキスパート,CGエンジニア検定エキスパートに合格
    wtf2014
2014/01/22 渡邉岳M2が平成25年度電気関係学会東海支部大会奨励賞の受賞となりました.
受賞論文:「Mean-Shift法による物体検出を用いた移動物体追跡」
2014/01/06-08 IWAIT 2014 (バンコク, タイ王国) で以下の論文を発表しました. また岩堀らは チュラロンコン大学 計算機工学科を訪問しました.
  • Takuya Nakagawa, Yuji Iwahori, Hiroaki Hagi, M. K. Bhuyan, "Reducing Misclassification in AOI Using Multiple Classes SVM", IWAIT 2014, pp.322-327, 2014.
  • Gaku Watanabe, Shinji Fukui, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Robert J. Woodham, "Tracking Method with Object Detection by Meanshift Tracker", IWAIT 2014, pp.328-333, 2014.
    IWAIT2014  IWAIT2014 Chulalongkorn University Campus  Chulalongkorn University Dept of Computer Engineering
    IWAIT2014
    IWAIT2014
    チュラロンコン大学 キャンパス
    チュラロンコン大学 情報工学科
2013/12/13 A paper was presented at PReMI 2013.
  • Neeraj Mishra, Manas Kamal Bhuyan, T. Malathi, Yuji Iwahori, Robert J. Woodham, "Pixel-wise Background Segmentation with Moving Camera", PReMI 2013, pp.423-429, 2013.
2013/11/30 情報学ワークショップ WiNF 2013 (愛知工業大学自由が丘キャンパス) で以下を発表しました.機械学習1の座長を務めた(岩堀).
  • 服部晃, 岩堀祐之, 春日井邦夫, "候補領域強調フィルタと機械学習によるポリープの自動検出", Session 4-B 医療とIT, 情報学ワークショップ, pp.1-4, 2013. WiNF 2013 プログラム
2013/11/25 Paper was published at Springer
  • Yuji Iwahori, Kazuhiro Shibata, Haruki Kawanaka, Kenji Funahashi, Robert J. Woodham, Yoshinori Adachi, "Shape from SEM Image Using Fast Marching Method and Intensity Modification by Neural Network", Recent Advances in Knowledge-based Paradigms and Applications, Advances in Intelligent Systems and Computing 234, Springer, Chapter 5, pp.73-86, 2014.
2013/10/24 Paper at arXiv.org
  • Sahil Sikka, Karan Sikka, Manas Kamal Bhuyan, Yuji Iwahori: "Pseudo vs. True Defect Classification in Printed Circuits Boards using Wavelet Features", CoRR abs/1310.6654, 2013.
2013/10/09 Exchange Meeting of Poster Presentation in College of Engineering, Chubu University.
  • Akira Hattori, "Automatic Polyp Detection Using Emphasis Filter of Candidate Region and Machine Learning", Exchange Meeting of Poster Presentation in College of Engineering, Chubu University, 2013.
2013/09/24-25 平成25年度電気関係学会東海支部連合大会 (静岡大学浜松キャンパス) で以下を発表しました.物体検出・追跡のセッションの座長を務めた(岩堀).
  • 羽木裕昭, 中川拓哉, 岩堀祐之, 福井真二, "ランダムサンプリングを用いたSVMによる電子基板の欠陥分類", 物体検出・追跡, 電気関係学会東海支部連合大会, M1-5, 2013
  • 早川壮, 福井真二, 岩堀祐之, "追跡のための移動物体位置推定", 物体検出・追跡, 電気関係学会東海支部連合大会, M1-6, 2013
  • 渡邉岳, 福井真二, 岩堀祐之, "Mean-Shift法による物体検出を用いた移動物体追跡", 物体検出・追跡, 電気関係学会東海支部連合大会, M1-7, 2013 電気関係学会東海支部連合大会奨励賞.
  • 東山渡, 福井真二, 岩堀祐之, "背景の微小変動および照明変化に頑健な背景モデルの構築", 物体検出・追跡, 電気関係学会東海支部連合大会, M1-8, 2013
2013/09/20 研究室中間発表(M1.B4)を行いました.
2013/09/18 情報工学専攻M2中間発表を行いました.
2013/09/09-11 KES 2013 (知識ベース知能情報工学システム国際会議, Kitakyushu, Japan)で以下を発表しました.
  • Gaku Watanabe, Shinji Fukui, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Robert J. Woodham, Yoshinori Adachi, "Tracking Method in Consideration of Existence of Similar Object around Target Object", Procedia Computer Science, Elsevier, Vol.22, pp.366-374, 2013.
  • Keita Tatematsu, Yuji Iwahori, Tsuyoshi Nakamura, Shinji Fukui, Robert J. Woodham, Kunio Kasugai, "Shape from Endoscope Image based on Photometric and Geometric Constraints", Procedia Computer Science, Elsevier, Vol.22, pp.1285-1293, 2013.
    Iwahori et al. were awarded KES2013 Best Paper Award.
    KES 2013
  • Haruki Kawanaka, Yuji Iwahori, Shinichi Kosaka, Saburo Sugiyama, "Image Reproduction Based on Texture Image Extension with Traced Drawing for Heavy Damaged Mural Painting", Procedia Computer Science, Elsevier, Vol.22, pp.968-975, 2013.
  • Yoshinori Adachi, Kei Konishi, Masahiro Ozaki, Yuji Iwahori, "Development of the Automatic Measurement System of the Diameter of a Pupil", Procedia Computer Science, Elsevier, Vol.22, pp.772-779, 2013.
2013/08/01 MIRU 2013 (東京) で以下を発表しました.
  • 渡邉岳,福井真二,岩堀祐之, "追跡対象の周辺状況を考慮した物体追跡", MIRU2013, SS6-25, pp.1-2, 2013.
    MIRU 2013
2013/07/03-05 IAENG ICSIE'13 (Imperial College London, UK)で以下を発表しました.
  • Shuya Ishida, Shinji Fukui, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan and Robert J. Woodham, "Shadow Model Construction with Features Robust to Illumination Changes", Proceedings of IAENG WCE 2013, pp.2195-2200, 2013.
    IAENG WCE 2013 Imperial College London
2013/06/16-20 IEEE/ACIS ICIS 2013 (Niigata, Japan)で以下を発表しました.(Springer SCI(20 selected papers)に採択された.) Image Processing and RecognitionのSession Chairを務めた.
  • Shuya Ishida, Shinji Fukui, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan and Robert J. Woodham, "Shadow Detection Method based on Shadow Model with Normalized Vector Distance and Edge", Studies in Computational Intelligence, Computer and Information Science, Springer, Vol.493, pp.103-114, 2013.
  • Takuya Nakagawa, Yuji Iwahori and M. K. Bhuyan,"Defect Classification of Electronic Board Using Multiple Classifiers and Grid Search of SVM Parameters", Studies in Computational Intelligence, Computer and Information Science, Springer, Vol.493, pp.115-128, 2013.
    IEEE/ACIS ICIS 2013  IEEE/ACIS ICIS 2013
2013/06/13 画像センシングシンポジウム(SSII 2013, 横浜)で以下を発表しました.
  • 津田誠也, 岩堀祐之, 春日井邦夫, "VBWモデルによる形状復元と精度改善", 画像センシングシンポジウム(SSII 2013), IS1-24, pp.1-6, 2013
    SSII2013
2013/05/20-23 IAPR MVA 2013 (Suzaku Campus, Ritsumeikan University)に参加し,以下のpaperをoral発表しました.
  • Yuji Iwahori, Takayuki Shinohara, Akira Hattori, Robert J. Woodham, Shinji Fukui, M. K. Bhuyan, Kunio Kasugai, "Automatic Polyp Detection in Endoscope Images Using a Hessian Filter", Proc. of MVA 2013, Health and Life, 3-1, pp.21-24, 2013.
    MVA2013  MVA2013
2013/05/18-07/20 IIT (インド工科大学) の学生を短期研究インターンシップで受け入れしました.
2013/04/30 研究室の B3 students 歓迎会を行いました.
2013/04/01 日本学生支援機構(JASSO)に申請したプログラムが平成25年度留学生交流支援制度(短期受入れ)(短期研修・研究型)プログラムに採択されました.
  • インド工科大学研究インターンシップ受入れプログラム (日本学生支援機構)

2013/03/27 以下の専門書(EX44 トリケップス)が発刊されました.
  • 3次元物体認識手法とその応用 (130頁, EX44, トリケップス)
2013/03/21 Paper was published at Springer
  • M. K. Bhuyan, V. Venkata Ramaraju and Yuji Iwahori, "Hand gesture recognition and animation for local hand motions", International Journal of Machine Learning and Cybernetics, pp.1-17, Feb. 2013.
2013/03/19-22 2013年電子情報通信学会総合大会(岐阜大)で以下を発表しました.
  • 山口大輝・岩堀祐之・福井真二・中村剛士・春日井邦夫, カメラと光源の同時移動による点光源・透視投影環境下での三次元形状復元, D-12-42, 2013
  • 石田修也・福井真二・岩堀祐之, 正規化距離と周辺増分符号相関を用いた影モデルによる影の検出, D-12-84, 2013
2013/02/24-03/06    Iwahori visited UBC Computer Science (University of British Columbia), Vancouver, Canada.
2013/02/10-11 日本知能情報ファジィ学会東海支部ヒマ研2013で以下を発表しました.(日間賀島公民館)
  • 立松慧大, 森圭司, 岩堀祐之, 福井真二, 中村剛士, 春日井邦夫, "点光源・透視投影環境下における光学条件と幾何学的条件によるZ分布復元手法", 日本知能情報ファジィ学会東海支部, 第34回東海ファジィ研究会 (SOFT-Tokai), No.20, pp.1-3, 2013
2013/02/06 This is an announcement of IEEE ACIS ICIS 2013 (June 16 -20, 2013, Toki Messe, Niigata, Japan) and Iwahori joins Program Committee member.
2013/01/28 東山B3と花井B3が2012年度工学研究科・工学部交流会ベストコメント賞をもらいました.
2013/01/24 羽木B3が学長表彰を受賞しました.
  • 羽木B3: 平成23年度秋期情報処理技術者試験の応用情報技術者試験 (レベル3) に合格
    hagi2013
2013/01/07-08 Papers were presented at IWAIT2013 (Nagoya).
  • Yuki Shimasaki, Yuji Iwahori, Debanga Raj Neog, Robert J. Woodham, M. K. Bhuyan, "Generating Lambertian Image with Uniform Reflectance for Endoscope Image", 1C-2 (Computer Vision 1), pp.1-6, 2013
  • Rafael Lins Porto Viana, Yuji Iwahori, Kenji Funahashi, Kunio Kasugai, "Automated Polyp Image Extraction From Endoscope Images", 3C-2 (Computer Vision 2), pp.1-6, 2013
    IWAIT2013  IWAIT2013
2012/12/08-09 情報学ワークショップ (WiNF2012) (豊橋技術科学大学) で以下を発表しました. 12/09に画像セッション座長を務めた.(岩堀)
  • 島先佑季, 岩堀祐之, Debanga Raj Neog, 春日井邦夫, "内視鏡画像からの鏡面反射成分除去と反射率一様化によるLambert画像の生成", WiNF2012, pp.1-4, 2012
2012/11/21-24 SCIS-ISIS 2012 (Kobe Convention Center) で以下を発表しました.
  • Gaku Watanabe, Shinji Fukui, Keisuke Takechi, Yuji Iwahori, Robert Woodham, "Robust Tracking Method based on Particle Filter for Crossing of Targets with Similar Appearances", F1-54-4, pp.1-4, 2012
  • Rafael Lins Porto Viana, Yuji Iwahori, Kenji Funahashi, Kunio Kasugai, "Automated Polyp Detection From Endoscope Images", P35-G-16, pp.1-4, 2012
2012/10/12 A MOU has been recently made between IIT Guwahati, India and College of Engineering, Chubu University, Japan with an objective to develop collaborations and exchanges in fields of shared interest and expertise. (Joint research, exchange of students and faculty members)
2012/09/24-25 平成24年度電気関係学会東海支部連合大会 (豊橋技術科学大学) で以下を発表しました.
  • 渡邉岳,福井真二,岩堀祐之, "位相限定相関による確率的背景モデルの構築", K2-1 コンピュータビジョン, 2012
  • 石田修也,福井真二,岩堀祐之, "正規化距離とエッジを用いて構築した影モデルによる影の検出", K2-2 コンピュータビジョン, 2012
  • 津田誠也,島先佑季,岩堀祐之, "1枚のカラー画像からの複数色実物体の形状復元", K2-3 コンピュータビジョン, 2012
  • 島先佑季,岩堀祐之,Debanga Raj Neog,春日井邦夫, "内視鏡画像からの鏡面反射成分の除去と反射率一様なLambert画像の生成", L4-1 医用画像処理・アルゴリズム, 2012
  • Rafael Lins Porto Viana,岩堀祐之,舟橋健司,春日井邦夫, "Extraction of Polyp Image from Endoscope Images", L4-2 医用画像処理・アルゴリズム, 2012
  • 服部晃,篠原孝幸,岩堀祐之,福井真二,春日井邦夫, "ヘシアンフィルタとSVM によるポリープ自動検出", L4-8 医用画像処理・アルゴリズム, 2012
2012/09/19 研究室中間発表
2012/09/18 中部大学大学院情報工学専攻M2中間発表
2012/09/12-14 FSS2012 (Fuzzy System Symposium in Nagoya, Nagoya Inst. Tech., Japan)で以下を発表しました.
  • 山口大輝, 岩堀祐之, 福井真二, 中村剛士, "透視投影下でのカメラと点光源の同時移動による三次元形状復元", FSS2012, pp.1-6, 2012
  • 立松慧大, 岩堀祐之, 福井真二, 中村剛士, "点光源照明・透視投影環境を考慮した三次元形状復元手法", FSS2012, pp.1-4, 2012
2012/09/10-12 KES2012 (San Sebastian, Spain)で以下を発表しました.
  • Shinji Fukui, Yasuchika Takeda, Gaku Watanabe, Yuji Iwahori, Robert J. Woodham, "A Method of Learning Data Selection for Updating Shadow Model with High Accuracy", Frontiers in Artificial Intelligence and Applications, Advances in Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems, Volume 243, pp.1758-1767, 2012
  • Yuji Iwahori, Kazuhiro Shibata, Haruki Kawanaka, Kenji Funahashi, Robert J. Woodham, Yoshinori Adachi, "Obtaining Shape from SEM Image Using Intensity Modification via Neural Network", Frontiers in Artificial Intelligence and Applications, Advances in Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems, Volume 243, pp.1778-1787, 2012
  • Yoshinori Adachi, Kei Konishi, Masahiro Ozaki, Yuji Iwahori, "Development of a System to Predict Understanding Level by Blink Frequency", Frontiers in Artificial Intelligence and Applications, Advances in Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems, Volume 243, pp.1740-1748, 2012
2012/08/08-10 SNPD 2012 (Kyoto, Japan) で以下を発表しました.
  • Kenji Funahashi, Sanshiro Yamamoto and Yuji Iwahori, "A Study for Vision Based Data Glove Considering Hidden Fingertip with Self-Occlusion", Proceedings of SNPD 2012, pp.315-320, 2012
2012/08/06-08 MIRU2012 (福岡) で以下を発表しました.
  • 中川拓哉,村田真幸,岩堀祐之,"複数識別器とパラメータの格子点探索による電子基板の欠陥分類", MIRU2012, IS1-19, pp.1-6, 2012
  • 渡邉岳,福井真二,岩堀祐之,武知啓介, "複数物体の位置関係と背景情報を利用した移動物体追跡", MIRU2012, IS2-32, pp.1-6, 2012
  • 山口大輝,岩堀祐之,福井真二,中村剛士, "透視投影下でのカメラ・点光源の同時移動環境における三次元形状復元 ", MIRU2012, IS3-50, pp.1-4, 2012
    MIRU2012 MIRU2012 MIRU2012
2012/07/21-22 日本知能情報ファジィ学会東海支部がま研2012で以下を発表しました.(蒲郡)
  • 山口大輝, 岩堀祐之, 福井真二, 中村剛士, "透視投影下におけるカメラ・点光源の同時移動を考慮した三次元形状復元手法", Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics, Tokai Section, SOFT-Tokai, pp.1-4, 2012
2012/05/23-25 KES IDT 2012 (Gifu, Japan)で以下を発表しました.Knowledge-Based Intelligent System and Applicationのセッションチェアを務めた.
  • Yuji Iwahori, Deepak Kumar, Takuya Nakagawa, M. K. Bhuyan, "Improved Defect Classification of Printed Circuit Board Using SVM", Intelligent Decision Technologies Smart Innovation, Systems and Technologies Volume 16, 2012, pp 355-363, Springer
2012/05/19-07/15 IIT (インド工科大学) の学生が研究インターンシップで当研究室を訪れました.
2012/05/01 研究室の B3 students 歓迎会を行いました.

2012/03/22 2012年電子情報通信学会総合大会(岡山大)でパターン認識・メディア理解Bのセッション一部の座長を務めた.
2012/03/20-22 2012年電子情報通信学会総合大会(岡山大)で以下を発表しました.
  • 立松慧大・岩堀祐之・中村剛士・福井真二, "点光源・透視投影での1枚画像からの凹凸形状復元手法", 2012年電子情報通信学会総合大会, D-12-89, 2012
2012/02/11-12 日本知能情報ファジィ学会東海支部ヒマ研2012で以下を発表しました.(日間賀島公民館)
  • 山口大輝, 岩堀祐之, 福井真二, 立松慧大, 中村剛士, "カメラと光源の同時移動による透視投影での三次元形状復元", 日本知能情報ファジィ学会東海支部, 第32回東海ファジィ研究会 (SOFT-Tokai), No.21, pp.1-6, 2012
2012/01/26 Rafael M1が学長表彰を受賞しました.
  • Rafael M1: TOEIC IP 985点, D.E.L.F. B2 (フランス文部省認定資格試験準1級), 日本語能力試験 JLPT N2(2級)を取得
    rafael2012
2012/01/19-20 電子情報通信学会医用画像(MI)研究会で以下を発表しました.(沖縄県那覇市ぶんかテンブス館)
  • 篠原孝幸, 岩堀祐之, 福井真二, 春日井邦夫, "ヘシアンフィルタを用いた内視鏡画像からのポリープ自動検出", 電子情報通信学会医用画像研究技術報告, No.56, 6 ページ, 2011
2011/12/14-16 Paper was presented at IICAI-11 (at SIT, Tumkur, India).
  • Debanga Raj Neog, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Robert J. Woodham, Kunio Kasugai, "Shape from an Endoscope Image Using Extended Fast Marching Method", Proc. of IICAI-11, pp.1006-1015, 2011
IICAI-11 Opening IICAI-11 Photo IICAI-11 Presentation
2011/12/11-13 Iwahori visited IIT (Indian Institute of Technology) Guwahati, India.
  • Yuji Iwahori, "3D Shape Analysis and Motion Tracking in Computer Vision", Invited Talk, IIT Guwahati, Dec. 12, 2011
IITG_Meeting_Iwahori Visiting_IITG_Director IITG_Invited_Talk_Iwahori
2011/11/25-26 情報学ワークショップWiNF2011(豊橋技術科学大学)で以下を発表しました.
  • 立松 慧大, 中村 剛士, 岩堀 祐之, 福井 真二, "点光源照明・透視投影下での三次元形状復元", WiNF2011, (画像) pp.1-4, Nov. 25, 2011
  • 柴田 和宏, 岩堀 祐之, 河中 治樹, "ニューラルネット輝度補正による走査型電子顕微鏡画像からの形状復元", WiNF2011, (画像) pp.1-4, Nov. 25, 2011
2011/09/26-27 平成23年度電気関係学会東海支部連合大会 (三重大) で以下を発表しました.
  • 古田久,福井真二,岩堀祐之, "影モデル構築のための影領域自動抽出手法の検討", C2-2 特徴抽出, 2011
  • 柴田和宏,岩堀祐之,河中治樹, "走査型電子顕微鏡画像の輝度補正による形状復元", C2-4 特徴抽出, 2011
  • 島先佑季,岩堀祐之,福井真二, 春日井邦夫, "内視鏡画像からの形状復元と鏡面反射パラメータの推定", C2-5 特徴抽出, 2011
  • 渡邉岳,山田博貴,福井真二,岩堀祐之, "ノンパラメトリックベイズ法により構築された背景モデルを用いた移動物体追跡", C3-1 人物追跡, 2011
2011/09/20 Master the 2nd year graduate students presented each research as an intermediate presentation of the graduate program of computer science.
2011/09/11-16 Iwahori and Takeda (M2) attended KES2011 (Kaiserslautern, Germany) and presented papers.

  • Yasuchika Takeda, Shinji Fukui, Yuji Iwahori, and Robert J. Woodham, "Detecting Separation of Moving Objects Based on Non-Parametric Bayesian Scheme for Tracking by Particle Filter", Lecture Notes in Computer Science, 2011, Volume 6884/2011, 108-116, 2011
  • Yuji Iwahori, Kazuya Futamura, and Yoshinori Adachi, "Discrimination of True Defect and Indefinite Defect with Visual Inspection Using SVM", Lecture Notes in Computer Science, 2011, Volume 6884/2011, 117-125, 2011
  • Yoshinori Adachi, Masahiro Ozaki, and Yuji Iwahori, "Preliminary Research for System Construction that Judges Understanding Level from Learner's Expression and Movement, Lecture Notes in Computer Science, 2011, Volume 6884/2011, 80-88, 2011
2011/09/08 A paper is presented at FIT2011 (Hakodate, Japan)
  • Blob Structure Enhancingフィルタを用いた内視鏡画像からのポリープの自動検出. 篠原孝幸・岩堀祐之・福井真二・春日井邦夫, G-002, 2 pages
2011/08/29 日本知能情報ファジィ学会東海支部がま研2011で以下を発表しました.(蒲郡)
  • 立松慧大, 中村剛士, 岩堀祐之, 福井真二, "点光源・透視投影での最適化FMMによる三次元形状復元", 日本知能情報ファジィ学会東海支部がま研2011, pp.1-3, 2011
2011/08/18-27    Iwahori visited UBC Computer Science (University of British Columbia), Vancouver, Canada.

2011/07/22 A paper is presented at MIRU2011 (Kanazawa, Japan)
  • Yuji Iwahori, Yi Ding, Tsuyoshi Nakamura, Robert J. Woodham, Lifeng He, "Rotation and Fast Marching Based Shape Recovery of Multiple Color Object" (IS3-5)
  • 武知啓介, 福井真二, 岩堀祐之, "確率的背景モデルを用いたパーティクルフィルタによる頑健な追跡" (IS4-40)
2011/06/13 A paper was to be presented at IAPR MVA 2011 (Machine Vision Applications 2011, Nara Centennial Hall, Nara, Japan)
  • Shinji Fukui, Wataru Kurahashi, Yuji Iwahori, Robert J. Woodham, "Method of Updating Shadow Model for Shadow Detection based on Nonparametric Bayesian Estimation" (#1-3 Oral Presentation, Video Analysis)

2011/06/06 以下の記事が発行されました.
  • 岩堀祐之, 福井真二, 圓田直樹, 倉橋渉, 武知啓介: ``外観の類似する物体同士の交差に頑健な移動物体追跡手法'', 画像ラボ, Vol.22, No.6, pp.13-18, 2011.
2011/05/31 以下の論文を発表しました.
  • 武知啓介,福井真二,倉橋渉,岩堀祐之: "パーティクルフィルタのための移動物体群の分離検出",電気学会論文誌C,Vol.131,No.5,pp.1083-1084, May,2011.
2011/05/28 IIT (インド工科大学) の学生が研究インターンシップで当研究室を訪れました.

2011/03/17 A paper was to be presented at 2011 IEICE General Conference. (Conference was not held for the earthquake on 2011/03/11 14:46.)
  • D-12-87 オプティカルフローを用いた粒子フィルタによる頑健な追跡手法 ○武知啓介(中部大)・福井真二(愛知教育大)・岩堀祐之(中部大)
2010/12/11 第8回情報学ワークショップ (WiNF2010) 名工大 にて以下の2件の発表をしました.
  • 山腰悠介,河中治樹,岩堀祐之, "サッカー試合映像における不鮮明な遠方選手の姿勢認識に関する検討",pp.57-62, 2010/12.
    二村和也,岩堀祐之,福井真二,河中治樹, "SVM に基づく真欠陥の識別手法, pp.63-66,2010/12.
2010/12/07 PCS2010 (Nagoya) のワークショップにて以下の2件の論文を発表しました.
  • Haruki Kawanaka, Shinichi Kosaka, Yusuke Yamakoshi, Yuji Iwahori, "Extended Texture Image Using Poisson Image Editing and Image Quilting", Workshop on Picture Coding and Image Processing (WPCIP) 2010, WP2-23, pp.82-83, 2010/12.
  • Keiji Mori, Yuji Iwahori, Kunio Kasugai, "Shape From Endoscope Images Using Inverse Square Law for Illuminance", Workshop on Picture Coding and Image Processing (WPCIP) 2010, WP3-14, pp.119-120, 2010/12.
2010/10/01 以下のジャーナル論文を発表しました.
  • Yi Ding, Yuji Iwahori, Tsuyoshi Nakamura, Lifeng He, Robert J. Woodham Hidenori Itoh, "Neural Network Implementation of Image Rendering via Self-Calibration", Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (JACIII) 14(4): 344-352 (2010)
2010/09/18 中部大学フェアに研究紹介(コンピュータビジョンと複合現実感の基盤技術)を出しました.
2010/09/08-10 The following papers were presented at KES2010, Cardiff, Wales, UK. Wataru Kurahashi (M2) and Iwahori presented papers.
  • Iwahori, Rouveyrol, Woodham, Adachi, Kasugai, "Recovering 3-D Shape Based on Light Fall-off Stereo under Point Light Source Illumination and Perspective Projection"
  • Kurahashi, Fukui, Iwahori, Woodham, "Shadow Detection Method Based on Dirichlet Process Mixture Model"
  • Adachi, Yunfei, Ozaki, Iwahori, "A Hybrid Face Recognition System for Managing Time of Going to Work and Retire from Office"
KES 2010, Cardiff, Wales, UK
2010/08/30-31 平成22年度電気関係学会東海支部連合大会(中部大)にて以下の研究発表(8件)を行った.
  • Q1-1 イメージキルティングにポアソン合成を利用したシームレスなテクスチャ合成   高坂真一(M1)他
  • N2-7 固有空間法での姿勢推定における画像解像度の影響   山腰悠介(M2)他
  • N3-7 欠陥領域外部の情報を利用した電子基板の欠陥分類   二村和也(M2)他
  • N5-6 ディリクレ過程EM アルゴリズムを用いた移動物体群分離検出   武田康睦(M1),倉橋渉(M2)他
  • Q5-3 単一カラー画像からの反射率と形状の復元   艾克伯依力(M2)他
  • Q5-4 鏡面反射を考慮した内視鏡画像における形状復元   島先佑季(B4),岩井一樹(OB)他
  • Q5-5 Light Fall-off Stereo を用いた内視鏡画像からの形状復元   森圭司(M1)他
  • Q5-6 1枚の走査型電子顕微鏡画像からの形状復元   柴田和宏(M2)他
2010/08/23-26 The following paper was presented at ICPR 2010 - The 20th International Conference on Pattern Recognition 2010
  • Yuji Iwahori, Kazuki Iwai, Robert J. Woodham, Haruki Kawanaka, Shinji Fukui, Kunio Kasugai, "Extending Fast Marching Method under Point Light Source Illumination and Perspective Projection", [TuBCT8.3]
2010/07/27-29 MIRU2010 (釧路) で3件の研究発表を行いました.
  • 岩堀祐之、岩井一樹、河中治樹、春日井邦夫, "Fast Marching Methodを用いた内視鏡画像からの形状復元"
  • 篠原孝幸、岩堀祐之、河中治樹、春日井邦夫, "形状特徴と色情報を用いた内視鏡画像からのポリープの自動検出"
  • 倉橋渉、福井真二、岩堀祐之, "ディリクレ過程混合モデルを事前分布とする混合ガウス分布による影モデルの構築と影の検出"
2010/07/05-07 IEEE EUVIP2010 (Paris, France) で1件の研究発表を行いました.
  • Yi Ding, Yuji Iwahori, Tsuyoshi Nakamura, Lifeng He, Robert Woodham, Hidenori Itoh, "SHAPE RECOVERY OF COLOR TEXTURED OBJECT USING FAST MARCHING METHOD VIA SELF-CALIBRATION"
EUVIP 2010-1, Paris, France
2010/05/24 IIT (インド工科大学) の学生が研究インターンシップで当研究室を訪れました.

2010/03/17 研究室M2の岩井一樹君が電子情報通信学会2010年総合大会(東北大学)にて研究発表を行いました.
2010/01/25 研究室B4の武知啓介君が名古屋大学にて平成21年度電気関係学会東海支部大会奨励賞を受賞しました.
受賞論文:「粒子の尤度を用いた移動物体群の分離検出」

2009/12/28 研究室の大掃除をしました.
2009/11/25 研究室メンバーのページを更新しました.
2009/11/27-28 情報学ワークショップ2009(名古屋工業大学)にて1件の研究発表を行いました(柴田)
2009/10/22 広島大学でのPRMU 研究会にて
Image Rendering of Color Textured Object Using Self-Calibration and Neural Network Learning
を発表しました.
2009/10/15 研究室主催3年ゼミ生歓迎会をしました.
2009/09/28-30 KES2009, Santiago, Chileにて
1. Self-Calibration and Image Rendering Using RBF Neural Network
2. Speeding Up of Updating Background Image Using GPU
を発表しました.
2009/09/17 中部大学フェアに研究紹介(コンピュータビジョンと複合現実感の基盤技術)を出しました.
2009/09/10-11 電気関係学会東海支部連合大会 (愛知工業大学)にて3件の研究発表を行いました(武知・二村・丁)
2009/08/07-08 オープンキャンパスにてミニ講義と研究室開放をしました.
2009/07/20 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2009) (島根県松江) にて2件の研究発表をしました.
2009/06/01 自由視点映像生成のための姿勢認識に関する論文を出しました (JACIII)
2009/06/01 仮想はさみシステムに関する論文を出しました (JACIII)
2009/05/20-22 物体追跡に関する研究発表をしました (MVA 2009)
Improvement of Particle Filtering for Intersection of Targets with Similar Patterns
2009/04/24 KES IDT 2009 (姫路) にて移動物体追跡に関する研究発表をしました.(倉橋)

2009/03/19 電子情報通信学会2009年総合大会にて自由視点映像生成に関する研究発表をしました.(山腰)
2009/03/12 フランスのグランゼコール ENSEIRB からインターンシップの大学院生(Claire)が加わりました.
    CIMG2009
2008/12/09 米国フロリダのTampaで開催されたパターン認識国際会議 ICPR2008 にて3次元形状復元に関する1件のPaperを発表しました.(岩堀・中川)
2008/09/24 CroatiaのZagrebで開催された知識ベース知能情報システム工学国際会議 KES2008 にて岩堀・圓田らが KES2008 Best Paper Award を受賞しました.
    KES2008 Best Paper Award
2008/09/22 IIT (インド工科大学) の学生とネットミーティングをしました.
2008/09/20 名古屋大学で開催された国際会議 SCIS&ISIS2008 にて1件のInvited Talk Paper (Iwahori) と4件の関連paper (Peng, Matsubara, Funahashi, Tanabashi) を発表しました.
2008/09/18-19 電気関係学会東海支部連合大会(愛知県立大学)で5件の研究発表を行いました.(岩井・二村・丁・彭・倉橋)
2008/09/19 中部大学フェアにて研究室で行っている研究を紹介しました.
2008/09/12 研究室のM1とB4の中間発表会を行いました.
2008/09/03-05 CroatiaのZagrebで開催された知識ベース知能情報システム工学国際会議 KES2008 にて2件のpaperを発表しました.(Iwahori)
2008/09/02-04 FIT2008 (慶應義塾大学)にて1件の研究発表を行いました.
2008/08/19-26 UBC (University of British Columbia),Vancouver, Canada に行ってきました(岩堀・圓田)
2008/08/11 IIT (インド工科大学) の学生とネットミーティングをしました.
2008/08/08-09 オープンキャンパス(ミニ講義)・研究室開放をしました.
2008/08/04 中部大学大学院情報工学専攻M2の中間発表会を行いました.
2008/07/29-31 画像の認識・理解シンポジウム MIRU2008(軽井沢)にて2件の研究発表を行いました.(中川・岩井)
2008/06/28 中部大学第一高校が来校し、情報工学科の模擬講義をしました(岩堀)
2008/06/01-06 IEEE World Congress on Computational Intelligence (Hong Kong) での Evolutionary Computation (CEC2008) にて運動物体検出に関する1件の研究発表を行いました.
2008/03/18-21 電子情報通信学会2008総合大会(北九州学園研究都市 三大学)にて1件の研究発表を行いました.(中川)
2008/03/06-07 DIA2008(動的画像処理実利用化ワークショップ・中京大学)にて1件の研究発表を行いました.(松原)